鉄道模型の解放ランプとは

Jan 3, 2009.

「解放ランプ(=アンカプラー:uncoupler)」とは連結してある連結器同士を遠隔操作で切り離すための仕掛けのことです。連結器の種類により、連結器自体の部材の構造や位置関係などが千差万別であるので、原則として異なる種類の連結器の解放ランプ共用することはできません。但し、当然乍ら幾許かの例外はあります。

一部の例外を除けば、解放ランプが設置されている場所以外では連結器の切り離しをする事は出来ません。DCC化する際に連結器の切り離し操作をする装置を搭載した車輛とか、メルクリンのテレックス連結器を搭載した車輛とか、その種の車輛以外では必ず解放ランプの在る場所で切り離し操作が行われます。

なお、"解放"ランプであって、"開放"ランプではありません。拘束しあっているモノを「解き放つ」のですから「解放」と言う文字を使うのが正解です。「農奴制度の廃止に伴い"解放"された農奴のために、耕作地の出入り口を"開放"した」とでも書けば、歴史学の試験の穴埋め問題の例題程度にはなりますかな。

フライシュマン製ベーカー型用解放ランプ。HO gauge uncoupler for baker coupler, manufactured by Fleischmann.
フライシュマンのベーカー型連結器用の解放ランプで、リモコンで解放動作ができるようになっています(手動でも動作できます).レール間の長方形の物体がせり上がってくると連結器のフックが持ち上がって相手の枠から外れて解放する、と言う仕掛けです。中央に筋彫りのような加工が施してあるのは、連結器下部に垂れ下がっているフックを線路中央に誘導するためのモノだと思います。



ケーディー連結器用解放ランプ。G gauge magnetic uncoupler, manufactured by Kadee-LGB.
Gゲージのケーディー連結器用の解放ランプです。いわゆる「ゴム磁石」をLGB製の線路に接着剤で貼り付けただけのものなんですが、位置づけとしてはあくまでもケーディー製品で、LGBの製品リストには入っていないようです。ゴム磁石の部分はケーディーの「永久磁石仕様の解放ランプ」として販売されている他ゲージのものと相似形です。



アトラス製X2F型用解放ランプ。HO gauge X2F type uncoupler, manufactured by Atlas.
アトラス製の解放ランプで、リレーラーと一緒に作ってあるNMRAのX2F型連結器用です。この方式の連結器は垂下している解放ピンが中央にせり寄ってくると解放する構造になっています。通常はこの方式の解放ランプには可動部分は無いのですが、アトラスのこの製品は巧妙な工夫がしてあって、一方から通ると解放するけれども、逆方向から通っても解放しません。この写真の例では左側から入って来ると連結器は解放しますが、右側から入線した場合は解放動作しません。中央の白い部分が解放ランプの心臓部ですが、実はちょっとした仕掛けがあるからです。



アトラス製X2F型用解放ランプの拡大写真です。HO gauge X2F type uncoupler, manufactured by Atlas.
白い「仕掛け」の部分の拡大写真。左から通ろうとすると解放ピンが中央によって解放しますが、右から通ろうとすると解放ピンは左右の溝の部分を通ってしまうので中央には寄らないようになってます。もっとも、「仕掛け」の部分がこのままでは解放ピンが引っ掛かってしまう可能性がありますから、この白い「仕掛け」部分は無理に通ろうとすると自然に凹むようになっています(通常はバネ仕掛けで本来の高さに戻っています)。



MTH製解放ランプ付き線路。O gauge uncoupler, manufactured by MTH.
3番目はMTH製のティンプレートのナックル可動型連結器用です。中央の円形の部分が電磁石になっていて、通電すると磁化されて連結器の解放ピンを引き下げて連結器を解放します。レール同志の間に中央第3軌条以外のレールがあって5線式?のようになっているのは、リモコン操作で貨車の荷物を降ろすと言ったアニメーション的な動作をさせるためのものであって、解放ランプとしての機能には直接の関係はありません。



解放ランプは共用できるのか

Apr 1, 2018.

冒頭に書いたとおり、原則として種類の異なる連結器の解放ランプは共用できないですが、種類が違っても動作原理は似たようなものなら共用できる可能性はあります。例えば、ベーカー型連結器とループ・フック型連結器は、押し上げる相手がフックかループかの違いはあるものの、フックかループが相手側に引っ掛かっている、と言う点では共通です。引っ掛かること=ロックすることとなり、その源泉?は重力で、要はフックとループを押し上げる程度で済むことなので、共用可能です。

上述のベーカー型やループ・フック型連結器用のモノはカプラーの一部を押し上げて解放する構造でしたが、逆に解放ピンを引き下げて解放するモノの代表はティンプレートのナックル可動型連結器などで使用されます。例外的にリヴァロッシ製の車輛が使っているループ・フック型連結器は、ループ後部の解放ピンが引き下げられると解放されるようになっています。引き下げる力の源泉?は大抵の場合は磁力です。電磁石式にしてあれば、通電すれば解放するけれども、解放ランプの電磁石の電源を落としてしまえば解放しなくなるので、使い勝手としては最良なのかも。いずれにしてもティンプレート以外での磁石式解放ランプは、ケーディー製の磁石式解放ランプの普及に便乗して巧いことやっているんじゃないかと言う気がします。気がするだけですけど、、、。

但し、専用品に一日の長があるのは、模型に限らずどんな場合でも同じです。代用で済まそうとすると、どうもスカっと一発で解放してくれないことがままあります。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁