ブリル・ラジアックス台車(Brill Radiax truck)

Sept 1, 2017.

「ブリル・ラジアックス台車(Brill Radiax truck)」は少々変わった型番の台車ですが、操舵構造となっているラジアル台車です。「ラジアル(Radial)」と言う単語には「放射状の」と言う意味があるようですが、台車中央部を中心として首を振るので「放射状」と考えた上での命名なんでしょうか?。

ラジアックス台車は「操舵構造」とは言っても「台枠の一部が首を振る」と言うようなモノでは無くて「車輪全体が左右動できる≒首を振る余地を持たせてある」と言う程度です。決して劇的に首を振るような代物ではありません。この台車は台枠(≒台車枠?)は鍛造であり、台枠の何処かに関節が入っていると言うようなこともありません。恐らくは、この台車を使ったからと言って劇的に急カーブ通過が容易になると言うことでは無く、車輪のフランジ摩耗が大幅に低減すると言った程度ではないかと思います。

外観はブリル21-E台車に似ていますが、実際に寸法も互換性を持たせてありますから履き替えさせることも容易なようです。操舵構造にする目的は曲線通過時の軌条横圧の軽減にありますから、実態としては21-E台車の急曲線仕様と言って宜しいと思います。

ラジアル台車自体は物凄く珍しいと言うような代物ではありませんが、余り普及しているとも言えません。私が知っている限りでは、高野登山鉄道(≒南海高野線)の木造単車がブリル・ラジアックス台車を履いていたようですがこの台車は軸距離が14フィート(≒4267mm)と言う些か長過ぎる数値です。ラジアックス台車であればどんなに長い仕様であっても13フィート(≒3962mm)の筈なので、特注した可能性はあります。

この一件、情報の出所は鉄道図書刊行会から発行された「私鉄車輛めぐり(鉄道ピクトリアル誌の臨時増刊号)」です。毎回こればっかりなので「お前には他の情報源は無いのか?」と言われそうですが、三つ子の魂なんとやらで子供の頃から目を通していた書籍ですからこれしか思い付かないと言うのが正直な処です。この高野登山鉄道の木造単車、後に駿豆鉄道を経由して西武農業鉄道に譲渡され、後に萩山=小平間で使用されたそうです。未だ拝島線が上水線と名乗っていた頃の話です。



ブリル・ラジアックス台車。Brill RADIAX truck.
ブリル・ラジアックス台車。軸受け周辺を櫓を組んだように取り囲んでいる外観が特徴です。Brill RADIAX truck.



ブリル・ラジアックス台車の軸受け周辺です。Brill RADIAX truck.
ブリル・ラジアックス台車の軸受け周辺です。両端の板バネがブリル21-E台車のようなセミ・エリプティック・スプリングではなくてフル・エリプティック・スプリングになっていますが、これは全長を短くした仕様だからです。ラジアックス台車であっても、普通の全長の仕様の台車では、セミ・エリプティック・スプリングを使用します。Brill RADIAX truck.



ブリル・ラジアックス台車。Brill RADIAX truck.
ブリル・ラジアックス台車の軸受けの動作の仕方です。左側は直線区間走行中で軸箱が偏移していない状況、右側は曲線区間走行中で軸箱が変異している状況です。右側の図で斜めに傾いているのがスイング・リンクと呼ばれる部品で、上側でスイング・リンクをスパイラル・スプリングで支えています。動作の仕方としては、自然振り子式の車輛みたいな印象です。Brill RADIAX truck.



ブリル21-E台車の軸受け部分。
ご参考までに、こちらはブリル21-E台車の軸受けの写真です。都電の乙2型と言う電動貨車が履いているモノです。当然乍ら、こちらの軸受けは上下動しかしません。



この台車もブリル製の台車らしく?微妙な仕様の違いで4種類用意されています。此処まで細分化したからと言って、その事が直接に売り上げ向上に繋がるわけでも無かろうから止せばいいのにと思わないでもないですけど、、、。軸距離は記載してありませんが、軌間に応じて軸距離が微妙に変えてあるので、これを書き始めるとキリがないからです。

最大芯皿荷重最大速度最大電動機出力
RADIAX-E124000lbs
10.9t
30mph
48km/h
60ps
45kW
RADIAX-E1 special30000lbs
13.6t
30mph
48km/h
60ps
45kW
RADIAX-E236000lbs
16.3t
30mph
48km/h
75ps
56.3kW