ブリル79-E型台車(Brill 79-E truck)

Sept 13, 2008.

ブリル79-E型台車は、ブリル21-E型台車の改良・変形・簡易型、とでも言うべき単台車で、低床化を意識して設計されているようです。製造時期は、恐らくは21-Eよりも新しいんだと思います。台枠の途中に六角ボルトの頭部が4個ずつ並んだ部材が見えますが、これは左右の台枠を接続している部材です。なんのためにこんな部材を使うのかは定かではありません。可能性は限りなくゼロに近いですが、平行カルダン化するための部材と思えなくもありません。

ブリル79-E型台車。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。Brill 79-E truck.
ブリル79-E型台車。横浜市市電保存館≒旧・横浜市電滝頭車庫(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。
Brill 79-E truck.



ブリル79-E型台車。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。Brill 79-E trcuk.
ブリル79-E型台車の軸箱周辺。エリプティック(楕円形)・スプリングが半分に切断されて使用されていて、ちょっと奇妙な雰囲気の台車です。低床化のためにこのような構造になっているようです。と言うか、普通に板バネを介在させて台車に車体を載せたらこうなったと言うだけのことですけど。



この79-E台車の写真は、滝頭車庫の跡地に建設された市電保存館に静態保存されている横浜市電500型が履いているモノを撮影しています。500型は2018年(平成30年)になってワールド工芸が16番ゲージ(≒HOゲージ)で模型化していますが、この製品にはエッチング加工の79-E台車が付属しています。序でに書くと、青森モデルが以前に79-E台車を製品化していたように記憶しています。

札幌市電の雪1型と言うブルーム式除雪車が79-E台車を履いていますが、この車輛の台車は軸距離を大幅に短縮するような改造が行われているので外観はかなり異なってしまっています。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁