ブリル76-E台車と77-E台車

July 1, 2017.

ブリル76-E台車と、同じくブリル77-E台車は比較的小型・軽量・中速程度の電車用台車として作られたもので、同時期マキシマム・トラクション台車として製造されたブリル39-E台車とも兄弟関係にあります。普通の2軸ボギー台車と言う点では76-E台車も77-E台車も共通ですが、決定的な違いはモーターの取り付け位置にあります。



  • 76-E台車はモーター外掛けです。モーターを外側に出した分だけ、77-E台車よりも軸距離が短い=小型、と言う事になります。
  • 77-E台車はモーター内掛けです。モーターを内側に入れた分だけ、76-E台車よりも軸距離が長い=大型、と言う事になります。


似たような型番の台車で「177」となる台車がありますが、これは77台車の軽量仕様です。こちらも少数ながら日本国内に輸入されていた筈です。



ブリル76-E型台車(Brill 76-E truck)

July 1, 2017.

ブリル76-E台車は小型の2軸ボギー台車としては余りにも有名なもので、日本製のコピー台車も数多く出回っています。同じブリル製台車の中ではブリル39-E台車ブリル77-E台車と兄弟関係にあります。マキシマム・トラクション台車の39-Eは兎も角も、76-E台車と77-E台車はモーターを内掛けにするか、外掛けにするかと言う違いだけですので、側枠部分に関しては全くの相似形台車です。

ブリル76-E型台車。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。Brill 76-E trck.
軸箱に「1000」と言う数字が見えますが、この台車を使用している車輛が横浜市電の1000型であると言う意味ですので、一般的なモノではありません。1000型は13m級で、軌道線用の車輛としてはかなりの大型車です。



上の写真の台車とは少々外観が違って来ていますが、蒲原鉄道の電車が履いているブリル76-E型台車です。引きが取れて、撮影し易い点では最右翼でしょう。

ブリル76-E型台車。新潟県加茂市冬鳥越スキーガーデンにて撮影。Brill 76-E trck.
蒲原鉄道モハ1型が履いているブリル76-E台車。新潟県加茂市冬鳥越スキーガーデンにて撮影。



ブリル77-E型台車(Brill 77-E truck)

July 1, 2015.

ブリル77-E型台車はブリル76-E型台車の仕様違いとも言うべき台車で、マキシマム・トラクション台車の39-E台車などと共に兄弟関係にあります。76-Eとの最大の相違点はモーターを内掛けにするようになっていると言う点で、この点を除けば76-E台車とは相似形です。他のブリル製台車と同様に77-E台車も複数に細分化されており、77-E1、77-E2X、77-E2の3種類があります。



軸距離最大
心皿荷重
最大
速度
最大
電動機出力
77-E16'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
46000lbs
20.8t
50mph
80km/h
75ps
56kW
77-E2X6'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
46000lbs
20.8t
50mph
80km/h
75ps
56kW
77-E26'3"(≒1905mm)~
6'6"(≒1981mm)
63000
28.5t
60mph
86km/h
125ps
94kW

こうやって見ると77-E1と77-E2Xの相違が判然としませんが、77-E2Xは車軸周辺が77-E2の仕様になっているモノを77-E1並みに小型化?してあるものです。模型的には全く同型と見ても良いかと思います。



ブリル77-E型台車(Brill 77-E truck.)。
ブリル77-E型台車(Brill 77-E truck.)。



ブリル77-E型台車。2010年(平成22年)6月、和歌山県立交通センター(和歌山県和歌山市)にて撮影。Brill 77-E truck.
この写真は南海電鉄大阪軌道線(=阪堺電気軌道)のモ205型が履いているものです。当サイトに写真を上梓している車輛の中では、広島電鉄の900型(旧・大阪市電2600型)もこの台車を履いています。



ブリル77-E型台車。2010年(平成22年)6月、和歌山県立交通センター(和歌山県和歌山市)にて撮影。Brill 77-E truck.
ブリル77-E台車を車輛中心部方から見た処です。台車枠自体は左右対象ですが、ブレーキロッド類は、当然乍らこちらの方向にしか生えていません。



ブリル77-E型台車。2010年(平成22年)6月、和歌山県立交通センター(和歌山県和歌山市)にて撮影。Brill 77-E truck.
ブリル77-E台車のペデスタルの部分です。