ブリル50-E台車

July 1, 2017.

ブリル50-E台車(Brill No.50-E truck.)は電動貨車とか、小型機関車とか、かなり荷重の掛かる車輛を想定した台車のようです。外観はご覧の通りの、アーチバー台車の変形と言うか、TR26やTR29と言った板台枠の台車みたいな代物です。尤も、TR26やTR29とは違って、軸箱は上下動させない構造です。実態としては、アーチバー台車の上下の帯金を湾曲させないで、単純に真っ直ぐな状態のままにしてある台車と言う事ができそうです。アーチバー台車そのモノと言う訳では無いので、軸箱は上下可動です。流石に、アーチバー台車そのものにモーターを架装してしまうと言うのは無理だと思います。

50-E1から始まって50-E4までの4種類があって、最大の相違点は心皿耐荷重です。この辺りは他の台車も同様ですが、規格の大きい台車は大型の車体を載せることが出来るし、それに伴ってモーターの出力も大きくなる、最大速度も高くなると言うことです。「エクスプレス・サービス」なんて文字も見えるので、50-E3辺りはモヨ100、デイ100、モハ2001、デトニ2300辺りのような使い方を想定しているのかも?。もっとも、50-E1、50-E2なんて辺りの小規模の台車は単なるローカル電車用台車に過ぎないですけど。

実態としては、ブリルとしてはかなり注力した汎用台車なのだと思われます。最大出力から判断する限りでは、小型の電気機関車にも十分使うことが出来そうです。ブリルは機関車も作っていますが生産台数はごく僅かなので、ボールドウィン辺りへの対抗意識もあってこんな台車を開発したのでしょうか?。

ブリルNo.50-E台車 Brill No.50-E truck.
ブリルNo.50-E台車(Brill No.50-E truck.)。枕バネがコイルバネ1本のみしか見えていないのは、ちょっと変わった雰囲気を醸し出しています。

阪急が50-E1台車を履いた電気機関車を使用していましたが、阪急の50-E1台車はアーチバー台車のように上側の部材が山なりになっていて、どう見ても貨車用のアーチバー台車を引き延ばして作ったような外観の台車になっています。アレがブリルの50E台車としては例外的な外観なのかどうかは定かではありませんが、Q-Car companyのサイトを眺めていると同じように上側の部材が山なりになっているロストワックス製の50E台車が売られています。



軸距離最大心皿荷重最大電動機出力
50-E16'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
46000lbs
20.8t
75ps
56kW
50-E26'6"(≒1981mm)63000lbs
28.5t
125ps
94kW
50-E36'3"(≒1905mm)~
7'(≒2134mm)
88000
39.9t
200ps
150kW
50-E47'(≒2134mm)~
8'(≒2438mm)
120000lbs
54.4t
250ps
188kW