ブリル39-E台車

July 1, 2017.

ブリル39-E台車(Brill No.39-E maximum traction truck)はマキシマム・トラクション台車としては、比較的新しい部類に入る台車です。系列としては76-E台車・77-E台車などと同じ仲間に入る比較的余り古くは無い台車です。開発時期は1900年代初頭、、、要するに明治30年代後半から明治40年代前半に掛けてです。

この台車に限りませんが、マキシマム・トラクション台車は1台車1モーターで済ませる事が前提なので、動力軸の直径をかなり大きくして、付随軸の直径をかなり小さくして、その結果として動力軸側に重心が来るように設計した台車です。序でと言うか、直径の小さい付随軸がステップの下辺りに来るようにすれば、比較的容易に低床化と言うか低ステップ化?を図ることが出来ます。

多少の低出力には目を瞑ろう=多少は脚が遅くても良いだろう、、、と言うことで低速でも支障がない路面電車や、路面電車がちょっと郊外に足を延ばす程度の使い方に向いた台車で、最高速度は30マイルですから50km/hを僅かに切ります。専用軌道をびゅんびゅん走るような、イアンターアバン的な車輛には不向きです。

ブリルNo.39-E台車 Brill No.39-E maximum traction truck.
ブリルNo.39-E台車(Brill No.39-E maximum traction truck)。



仕様は比較的少ない方で2種類のみです。それと言うのも、元来がマキシマム・トラクション台車は「高速・高性能」とかを志向しない前提の台車ですから、種類も多くならないのが当然と言えます。性能重視の電車を作るつもりでしたら、50-E台車などを履かせれば済む話ですから。



軸距離最大心皿荷重最大速度最大電動機出力
39-E14'6'(≒1372mm)40000lbs
18.1t
30mph
48km/h
50ps
37.5kW
39-E24'11"(≒1499mm)50000lbs
22.7t
30mph
48km/h
65ps
48.8kW


ご覧の通り、軸距離はかなり短いです。上の写真では右側の大きい方の車輪(動力軸)横のフレームが大きく膨らんだようになっていますから、この部分にモーターを外掛けにするのでしょう。幾ら1モーターとは言っても、4'6'(≒1372mm)だとか4'11"(≒1499mm)言うような短い軸距離では、モーターを内掛けにする事はまず無理でしょうなぁ。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁