ブリル27系台車

Aug 1, 2017.

ブリルの「27系台車」と言うのも些か漠然としていますが、インターアーバン用のボギー台車の集団です。27系台車の中で最も有名なモノはMCB(Master Car Builders Assn')規格準拠とされている27MCB台車でしょうが、これ以外にもブリル27系台車の中にはMCB規格とは銘打っていない複数の台車があり、寧ろMCB規格準拠ではない台車の方が多いです。そうは言っても、その昔にはカワイモデルもつぼみ堂も、27MCB台車だけはドロップ製の製品を以前から製造・販売していたものの、MCB仕様ではない台車は一切無視されていたようです。開発時期は1896年(明治29年)辺りから1904年(明治37年)に掛けてです。

「インターアーバン用」とは言うものの、大出力・重量級・高速電車用のモノもあれば、低出力・軽量級・低速電車用のモノもあり、様々です。ボルスター部のバネは50-E台車のようなコイルバネではなくて無くて、例外なく板バネになっています。

27-E台車27-F台車27MCB台車はボルスター部の板バネが枕木方向に設置されていて、鉄道省・国鉄のDT12(≒TR23)型台車のようになっていて、明確に「イコライザ」「イコライザ・バー」と称する部品を持っています。

これに対して27-G台車のみはボルスター部の板バネがレール方向に設置されており、「イコライザ」「イコライザ・バー」と称する部品がありません。それらしき機能は「ボルスター部の板バネ」に持たせてあって「イコライザ・スプリング」と名乗らせています。27-G台車は76-E台車・77-E台車に近い外観をしていますが、実際には27系は76系・77系台車とは親子的関係にあるようで、概ね27系の方が開発時期は10年から20年ほど先行しています。

例に拠って、ブリル台車の流儀に則りゲージが微妙に違えば各部の寸法も微妙に違えてあります。単なる機関車メーカーであれば914mmゲージ用も1000mmゲージ用も1067mmゲージ用も、車軸の削り方を変えるだけ?で対応するのでしょうが、几帳面なブリルは少しでもゲージが違えば、各部の寸法を微妙に変えます。この辺り、ブリルのブリルたる所以とも言えそうです。

以下にお目に掛ける台車は 27-E台車27-F台車・27-G台車27MCB台車 の4種類です。実は「ブリル27A」などと言う台車も存在するらしいのですが、解像度が高くて思わず「いいな~」とため息が漏れてしまいそうな綺麗な画像が入手できる台車が上記の4種類だけだったと言うことでもあります。そうは言っても日本国内に入って来たブリル27系台車はこの4種類でほぼ網羅されている気がしますので、、、この4機種のみで見逃してください。

4機種以外を無視するわけではありませんが、解像度の高い写真を載せられないのでは面白くないので、文章にして書き記すのは4機種のみに止めようと言う私の謙虚さの発露とご賢察ください。横着して手を抜いただけとも言えますけど。そうは言っても4種類もあると如何なる根拠で4種類も作っているのか判然としませんので、相変わらず大雑把ですが区分の仕方の根拠?のようなことを書いておきます。

27-F台車・27-G台車は低速・低出力が前提の路面電車用で軸距離は4フィート(≒1219mm)のみです。両者の違いは枕バネの違いだけと言っても良さそうです。

27-E台車27MCB台車はインターアーバン用で小型軽量級の電車用から大型重量級の電車用まで、色々な種類を含んでいます。両者の相違は27MCB台車の方だけがMCB(Master Car Builders Assn')の規格に準拠していると言うことです。



ブリル27-E台車(Brill 27-E truck)

Aug 1, 2017.

ブリル27-E台車は汎用台車で、大出力・重量級・高速電車用のモノもあれば、低出力・軽量級・低速電車用のモノもあります。細かいことに目を瞑れば、27系台車はブリル27-Eだけあれば済んでしまうんですけど、、、。最小規模の27-E1の場合で軸距離が6'(≒1829mm)から6'6"(≒1981mm)、最大規模の27-E3で6'6"(≒1981mm)から7ft6in(≒2286mm)ですからかなり立派で巨大な台車です。

この辺りの数値は、下の写真の更に下に纏めてありますが、27-E3には200馬力のモーターを架装して、30tを超える車体を載せて、時速120km/hで走らせることが出来ますから阪和電鉄のモヨ100、新京阪のデイ100と言った大型重量級の電車での仕様も想定しています。小型のインターアーバンは兎も角も、路面電車に使うような性格の台車ではありません。

台車の性格としてはブリル27MCB台車に似ていますが、こちらの27-E台車の方が僅かに小型と言えます。このブリル27-E台車とブリル27MCB台車はモーター内掛け仕様です。軸距離が長いので、敢えてモーターを外掛けにする必要もありませんけど。

ブリル27-E台車。Brill 27-E truck.
ブリル27-E台車。Brill 27-E truck.



軸距離最大
心皿荷重
最大
速度
最大
電動機出力
27-E16'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
46000lbs
20.8t
50mph
80km/h
75ps
56kW
27-E1-1/26'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
53000lbs
24.0t
60mph
96km/h
100ps
75kW
27-E26'3"(≒1905mm)~
7'(≒2134mm)
63000
28.5t
65mph
104km/h
150ps
113kW
27-E36'6"(≒1981mm)~
7'6"(≒2286mm)
75000
34.0t
75mph
120km/h
200ps
150kW


ブリル27-F・27-G台車(Brill 27F/27G truck)

Aug 1, 2017.

ブリル27-F台車・ブリル27-G台車は、ブリル27-E台車の軸距離を短くしたような仕様の台車で、この2種類の台車はモーター外掛け仕様になっています。実態としては、ブリル27-F台車とブリル27-G台車とは相似形で、枕バネの仕様のみが異なっていると言って良いでしょう。この台車も路面電車専用に近い台車です。

ブリル27-F台車。Brill 27F truck.
ブリル27-E台車。枕バネ部分は、普通に枕木方向に板バネを向けてある一般的な構造です。鉄道省の制式台車のDT12・TR23なども同じような構造です。Brill 27-F truck.



こちらはブリル27-F台車の枕バネ部の仕様を変えたブリル27-G台車です。ボルスター部のバネの設置の仕方が、この台車のみ他の27系台車とは違っています。これって、所謂スィングモーション的な動作をしていると考えれば宜しいのでしょうか?。

ブリル27-G台車。Brill 27-G truck.
ブリル27-G台車。Brill 27-G truck.



軸距離最大心皿荷重最大速度最大電動機出力
27-F
27-G
4ft(≒1290mm)40000lbs
18.1t
30mph
48km/h
50ps
37.5kW
27-FE1
27-GE1
4ft(≒1290mm)40000lbs
18.1t
30mph
48km/h
50ps
37.5kW
27-FE2
27-GE2
4ft(≒1290mm)40000lbs
18.1t
30mph
48km/h
65ps
48.8kW


ブリル27MCB台車(Brill 27MCB truck)

Sept 6, 2008.

ブリル27MCB型台車は余りにも有名なインターアーバン用台車です。模型の世界でもつぼみ堂製のHOゲージの台車が出回っていましたので、私鉄の旧型電車用に重宝なさった方が多いかと思います。この台車、恐らくは輸出用のモノがそのまま出回ったと思いますので、16ゲージ番用?の1/80の縮尺ではなくて、純粋に1/87の縮尺だったんじゃないかと思います。

「ブリル(Brill)」とは言うまでもなく製造元のブリルのことですが、MCB(Master Car Builders Assn')とは「主要車輛製造業者協会」とでも和訳すればよいのでしょうか。要するに、車輛メーカーの業者組合が制定した規格案に則ってブリルが製造したもので、ブリル製では無いMCB台車も存在します。

ブリル27MCB台車は汎用台車で、大出力・重量級・高速電車用のモノもあれば、低出力・軽量級・低速電車用のモノもあります。台車の性格としてはブリル27-E台車に似ていますが、派生品種の多さでは最右翼です。一番大きい台車では250馬力(≒186kW)のモーターが架装出来て、最高速度は時速75マイル(≒120km/h)、心皿耐荷重が120000ポンド(≒54.36t)ですから、阪和電鉄のモヨ100とか、新京阪のデイ100とか、この種の大型電車用です。一番小さい台車ではまさしくローカル電車用そのものの台車ですけど。

ブリル27MCB1台車。Brill 27MCB1 truck.
ブリル27MCB1台車。Brill 27MCB1 truck.



軸距離最大
心皿荷重
最大
速度
最大
電動機出力
27-MCB16'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
46000lbs
20.8t
50mph
80km/h
75ps
56kW
27-MCB2X6'(≒1829mm)~
6'6"(≒1981mm)
46000lbs
20.8t
50mph
80km/h
75ps
56kW
27-MCB26'3"(≒1905mm)~
6'6"(≒1981mm)
63000lbs
28.5t
60mph
96km/h
125ps
94kW
27-MCB3X6'3"(≒1905mm)~
6'6"(≒1981mm)
63000lbs
28.5t
60mph
96km/h
125ps
94kW
27-MCB36'6"(≒1981mm)~
7'(≒2137mm)
88000lbs
39.9t
65mph
104km/h
200ps
150kW
27-MCB4X6'6"(≒1981mm)~
7'(≒2137mm)
88000lbs
39.9t
65mph
104km/h
200ps
150kW
27-MCB47'(≒2137mm)~
8'(≒2438mm)
120000lbs
54.4t
75mph
120km/h
250ps
186kW


ブリル27MCB台車。2008年(平成20年)9月、東武博物館(とうぶはくぶつかん:東京都墨田区)にて撮影。Brill 27MCB truck.
上の写真は東武博物館(東京都墨田区)に静態保存されているデハ1型デハ5号が履いている車輛です。軸箱の蓋は、生憎ながら全て住友金属製に交換されてしまっています。

ブリル27MCBは日本国内でも多用されており、そのせいもあって残存数もかなり多いです。要するに、15m級以上のそこそこの大きさの車輛で、ボールドウィン的なイコライザ付き台車を使用しないのであれば、ペックハム台車やテーラー台車のような普及度の低いモノを使わない限りは、必然的にブリル27系を使わざるを得ない、と言うことですね。



ブリル27MCB台車。静岡鉄道長沼工場(静岡県静岡市葵区)にて許可を得て撮影。Brill 27MCB truck.
こちらもブリル27MCB台車です。この写真は静岡鉄道のクモハ20(=鶴見臨港鉄道出身の車輛)が履いていたものです。軸箱の蓋は微妙な凹凸が見えます。もしかしたら、軸箱はブリル純正だったのではないかと思いますが、この台車を履いていた車輛は最近になって惜しくも解体されてしまいました。



ブリル27MCB台車。2010年(平成22年)6月、京急ファインテック久里浜工場(神奈川県横須賀市)構内にて許可を得て撮影。Brill 27MCB truck.
上の写真の27MCB台車は、京浜急行電鉄のデ51が履いているものです。ファミリー鉄道フェスタ(=いわゆる工場公開)の際に撮影したものです。京急ファインテックとは車輛整備などを請け負っている京浜急行電鉄の子会社ですので、実態としてはこの場所は京急の久里浜工場と言っても差し支えは無い場所です。電車で通り掛かって素通りするだけであれば「久里浜電車区」としか見えないですけど。撮影し易い27MCB台車の最右翼です。



ブリル27MCB1台車。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、京成電鉄殿のご好意により許可を得て撮影。Brill 27MCB truck.
上の写真の27MCB台車は、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)に保存されているものです。某趣味団体主催の見学会の際に撮影させていただきました。この場所も撮影し易い上に十分に引きが取れて宜しいのですが、宗吾検車区自体は公開する機会は無いように思います。



ブリル27MCB1台車。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、京成電鉄殿のご好意により許可を得て撮影。Brill 27MCB truck.
上の写真の台車と同じ個体だったと記憶しています。この台車の奥にアンチクライマーの付いた電車が僅かに見えていますが、京成電鉄のモハ210型だった、、、筈です。



ブリル27系台車の使用例

27-GE1 南海電鉄貴志川線モハ200型・モハ605
27-MCB2 上信電鉄デハ10号、クハニ10型、クハ22号
上毛電鉄デハ170型
南海電鉄貴志川線クハ804


最初のページに戻る Return to index page 返回主頁