ブリル21-E台車

Sept 13, 2008.

ブリル21-E型台車は日本国内では単台車としては一番普及している機種だと思います。のみならず、ブリル自身としても最も売り上げの多かった台車のようです。輸入数量が多い分だけ残存数も多く、中には動態保存車が履いている場合もあり、今でも乗り心地を楽しむことができる貴重な存在です。開発時期は1895年(明治28年)頃で、ブリル13-E台車台車よりも、5年程度は新しいと言う事になります。

フレームの左右端に「セミ・エリプティック(半楕円)型」と呼ばれる弓なりになった凹型の板バネがあり、これで車体を支えるような使い方をします。この板バネが上下対称な「エリプティック(楕円)型」になっているのが前身のブリル13型や、同じくブリル21型でも「21-E」になる以前の台車です。また、同じブリル製台車であっても、最初期の7型などではこれらの板バネが無く、軸箱左右のコイルバネだけで車体を支えるような構造になっています。

ブリル21-E台車 Brill 21-E truck.
ブリル21-E台車
Brill 21-E truck.



軸距離はブリルが1913年(大正2年)に発行した「BRILL City and Interurban Trucks」と言う書籍に拠ればゲージによって違えてあるようです。但しこの本にはゲージの種類は8通り記載してあるのに軸距離は7種類しか記載されていないので、正確にどのような組み合わせになるのかは定かではありません。イージーオーダー的な需要には応じることが出来そうなので、購入者側の意向に応じて多少は融通を利かすことが出来ても良いように思います。その辺りの事情は兎も角も、軸距離は6ft(≒1829mm)から始まって6インチ刻みで9ft(≒2743mm)までの7通りです。車輪はφ762、φ838、φ863の3種類が設定されています。

上の挿絵では少々判りにくいですが、台枠中央部の内側にX字型の補強材が入ります。位置関係としてはボルスターの少々下側のような場所に取り付けられています。軌間が変わればこの「X字型の補強材」は、、、恐らくは交換するのはかなり面倒なのでそのまま放置しておいて、車輪だけが内側に来るように車軸を加工するのでしょう。結果的に「長軸車輪を履いた1067mmゲージの車輛」と言った風情のモノが出来上がります。

ブリル21-E台車 Brill 21-E truck.
ブリル21-E台車
Brill 21-E truck.



ブリル21-E型台車。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。Brill 21-E truck.
ブリル21-E型台車。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。



J.G.ブリル社の社紋。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。Brill 21-E truck.
ご参考までに、これがブリルの社紋です。上の写真の21-E型台車の軸箱に残っていたものを撮影したものです。「今時、本当にこんなものが残っているのか?」と言うと、タネを明かせば元の横浜市電の滝頭車庫の跡地に建てられた市電保存館で保存されている無蓋電動貨車の10号が履いているものです。

但し、全部の軸箱の蓋にブリルの社紋は残っていないようで、これは向かって左側の車軸の軸箱の蓋です。向かって右側は横浜市の市紋の陽刻になってしまっています。



ブリル21-E型台車。2008年(平成20年)1月、神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。Brill 21-E truck.
こちらは東京都文京区に在る「都電神明町車庫跡公園」に静態保存されている乙2と言う電動貨車が履いているモノで、「引き」が取れないので、止む無く複数の写真に分割して撮影したものを合成してみました。上の横浜市電10号のブリル21-E型台車とは、軸箱周辺のスプリングの位置などが若干違っています。これ以外にも軸箱周辺は、複数の形状のものがあるようです。

どうやったのかと言うと、我が愛機、キヤノンのパワーショットA650ISで撮影する際に「フォトステッチモード(=切り繋ぎ写真撮影支援モード?)」にして撮影したものを、キヤノンのプリンタに付属している「イージーフォトステッチ(=切り繋ぎ写真が簡単に作れるソフト)」を使って合成しただけです。このような電車の床下の写真などと言うものは、横方向にパンするように撮影したものを並べて合成して行くので、横幅がかなり大きな合成画像になります。上の写真は当然乍ら適宜縮小していますが、縮小前は横幅が9500ピクセルだったか、ちょっとびっくりするような大きさでした。

「引きが取れないならば、もっと画角の広いレンズを使えば良いじゃないか」と言うと、それはその通りで正論なんですが、この場所では円周魚眼レンズを使っても対角線魚眼レンズを使っても、どうやっても無理です。理由は簡単で、車輛を囲っている柵の間隔が狭くて、その種のレンズを装着した1眼レフカメラでは恐らくレンズが柵の隙間を通らないからです。上の写真は、柵の内側にカメラを丸ごと突っ込んで撮影していますが、A650ISは最広角端でライカ判換算35mm相当の焦点距離ですから、少々無理があります。



ブリル21-E型台車。加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。Brill 21-E truck.
こちらはもっと正攻法、と言うか、充分に「引き」が取れる場所なので単純に真横から撮影しています。ブリル台車愛好家?には聖地とも言うべき場所?。種を明かせば、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)に置いてある京都市電5号車の台車を撮影したものなんですが、、、生憎、引きは取れるけれども逆光です。



ブリル21-E型台車のモーター架装状況。横浜市市電保存館(神奈川県横浜市磯子区)にて撮影。Brill 21-E truck.
ブリル21-E型台車に架装されているモーターです。この角度から撮影した写真は余り見掛けた記憶がないので、台車枠の下にカメラを突っ込んでやってみました。こう言う使い方をする時には可動液晶のデジタルカメラは非常に便利です。高視野角の液晶採用だから可動にする必要がない、なんてマヤカシカメラにだまされちゃいけません。

手前が白っぽくなっているのは横着してストロボを炊いて撮影したからです。但し、あくまでもA650ISは単なるコンパクトカメラに過ぎないので、ストロボの位置を変更することは出来ません。この種の撮影には、些か無理があるようです。



ブリル21-E型台車のモーター架装状況。2010年(平成22年)1月、明治村にて撮影。Brill 21-E truck with traction motor.
ブリル21-E型台車に架装されているモーターを台車枠外側から撮影してみました。これは明治村に動態保存されている京都市電の電車が履いているものです。



ブリル21-E型台車を履いた電車の床板。2010年(平成22年)1月、明治村にて撮影。Brill 21-E truck.
ブリル21-E型台車を履いている電車の床板で、これも明治村の京都市電です。木製の床板の一部に突起物が出ていますが、これは低床化した結果として車輪が床板に支障する?ので、それを逃がす為に床板の一部を膨らませているものです。要するにタイヤハウスなんですが、2軸単車は車輪が首を振ったりしないのでこの手の対応をする場合が多いです。ボギー車になると車輪は首を振りますから、台車部分全体を避けるように床板を膨らませて太鼓橋?のような形状にしてあります。



ブリル21-E型台車。東京都文京区都電神明町車庫跡公園にて撮影。Brill 21-E truck, click for larger photo.
ブリル21-E型台車。

ブリル21-E型台車。東京都文京区都電神明町車庫跡公園にて撮影。Brill 21-E truck, click for larger photo.
ブリル21-E型台車。

ブリル21-E型台車。神奈川県横浜市磯子区横浜市市電保存館にて撮影。Brill 21-E truck, click for larger photo.
ブリル21-E型台車。

ブリル21-E型台車。神奈川県横浜市磯子区横浜市市電保存館にて撮影。Brill 21-E truck, click for larger photo.
ブリル21-E型台車。



ブリル21-E台車は他の台車とは異なり、仕様違いの台車が複数あって細分化されているようなことはありません。この台車を使って電車を作れば自動的に大きくは無い2軸単車しか出来上がりませんから、仕様違いを増やしても意味が無いからなのかも?。

最大芯皿荷重最大速度最大電動機出力
21-E24000lbs
10.9t
25mph
40km/h
50ps
37.5kW

このブリル21-E台車、最高速度は25mph(40km/h)です。ちょっとした専用線とかを走る機会があれば、台車の走行性能面から見ると限度一杯の高速?運転をする機会はかなりありそうです。横浜市電だったら2系統・5系統の麦田トンネルの辺りとか、3系統が山元町から90度曲がって坂を降りて都心部に向かう辺りとか、限度はあっさり突破してしまいそうですが、単車の場合はかなり厳重な速度規制をしてあったのかも。



ブリル21-E台車の使用実例

July 1, 2017.