ブリル13-E型台車(Brill 13-E truck)

July 1, 2017.

ブリル13-E台車は後年の21-E台車に先んずる台車で、外観も明確な類似性が伺えます。開発時期は1890年代初頭(明治20年代前半)ですから、21-E台車よりは5年程度先んじていると言うことです。

21-Eのような後年の台車と比べて決定的な相違点はエリプティック・スプリング(楕円形バネ)と呼んでいる個所で、三日月型のスプリングが上下反対向きに重ねてあるのでラグビーボールのような形状になっている点です。この辺りの形状は、ペックハムの8B台車などとも通じる点です。



ブリル13-E型台車。鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。Brill 13-E truck.
ブリル13-E型台車。鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。Brill 13-E truck.



上の写真の台車、恐らくブリル13-E台車だと思います。生憎展示してある鉄道博物館の解説も「アメリカ ブリル社製(推定)」などと書いてあって曖昧です。但し、この台枠形状でペックハムとかの可能性は無いと思うし、この時期にコピー製品と言えども日本国内で模倣することは無理だったと思いますので、ブリル製と考えて間違いないでしょう。ここまで古くなるとブリル製台車の特徴であるロゴ入りの軸箱の蓋ではなくて、後天的に交換されてしまったらしく太陽の光芒?のような模様入りの軸箱の蓋になっているようで判然としませんけど。それでも色々と証拠を探してみたのですが、生憎発見できませんでした。

固定軸距離は後年のブリル21E型台車ブリル79E型台車などと比べると短めですが、恐らく固定軸距離は6ft(≒1829mm)を切っているのだと思います。ブリル21E型台車とは異なり、台枠両端に完全な形状のエリプティカル・スプリング(楕円形の板バネ)が取り付けてあるのが外観上の最大の特徴でしょうか。概ね、古い時期のブリル製台車はエリプティカル・スプリングで、時期が新しくなると下側半分だけを切り残したようなセミ・エリプティカル・スプリングとなります。

後側に影絵のような電車がありますが、これは元来この台車を履いていた京都市電の電車を摸した写真?のようです。この台車自体は、京都市交通局からJR東日本が運営する鉄道博物館に寄贈されたものなんだそうです。



ブリル13-E型台。鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。Brill 13-E truck.
モーターは1軸のみ、GE製です。鉄道博物館の解説は、モーターに関しては「推定」ではなく、断定的に記載されています。ってことは、モーターの方にはGEの社紋でも残っているのですかな?。