Code/コード

Sept 2, 2001.

レールの高さ(≒太さ)のことで、模型の場合は高さ1/10Inch/インチ(=2.54mm)を100としそれに対する比率で表示され「コード**」「**番」「#**」と表現されます。これに対して実物では単位長さ辺りの重量で表示されます。例えば日本の普通の幹線鉄道では50kgレールが使用されます。新幹線ですと60kgレールになります。これは1m辺りの重量がそれぞれ50kg、60kgと言う意味です。

Nゲージでは#70程度のレールが使用されていますが、世界的に見て#60や#55などのもっと細いレールが主流になりつつあります。HOゲージの場合は#70から#100程度のレールが使用されます。最近は世界的に見て#83が主流になりつつありますが、スイス製のHAG製の車輛などは#100でもスパイクの頭部が小さい物でないと通りにくいとも言えます。

Oゲージの場合はコード125からコード200程度のレールが使用されます。ライオネル(Lionel)の線路に使われているレールが概ね#200程度です。Gゲージの場合は#205から#322程度のレールが使用されます。レーマン(LGB)、USAトレインズ、アリスト・クラフトなどの線路には#322のレールが使用されています。

概ね、コードの数字の小さい(=細い)レールを使うと実感的に見えますが、フランジの高い車輪が使えなくなります。また、細いレールの方がなんとなくゲージが広いような印象を受けます。