東京都交通局乙2

Jan 19, 2008.

Class OTSU-2 of Tokyo Metropolitan Tram, electric gondola car. She has Brill 21E truck.



都電乙2は木造の電動無蓋貨車です。いわゆる「デト」ですね。名目上は1941年(昭和16年)に2輛製造された車輛です。もっとも、実際には全くの新製ではなくて、1924年(大正14年)製の乙10型が履いていたジョンバット台車を再利用して交通局の工場で製造された車輛です。種車?となった乙10型自体が履いていたジョンバット台車も、それを更に遡る明治期の車輛が履いていたものの流用のようですから、相当な故事来歴のある車輛には相違ありません。



東京都交通局乙2。2008年(平成20年)1月、神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。Class OTSU-2 of Tokyo Metropolitan Tram, electric gondola car. She has Brill 21E truck.



上の写真に比べて、下の2枚は少々撮影時期が古いです。2004年(平成16年)頃だったかな?。未だ、ミノルタのディマージュ7と言うネオ1眼レフ的?なカメラを使っていた頃の撮影です。上の写真を撮影したはキヤノンのパワーショットA650IS(と言う名前のコンパクトデジタルカメラ)の最広角端がライカ判換算で35mm相当、下の写真を撮影したミノルタ/ディマージュ7は広角端がライカ判換算で28mm相当、、、。その様なわけで、ディマージュ7だと柵の中にカメラを突っ込めば車体が全部写ります。パワーショットA650ISだと、それは無理です。欲を言えばもっと画角の広いレンズが欲しい処です。



東京都交通局乙2。2004年(平成16年)頃、神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。Class OTSU-2 of Tokyo Metropolitan Tram, electric gondola car. She has Brill 21E truck.
上の写真の車輛は都電乙2。2004年(平成16年)頃、神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。



東京都交通局乙2。2004年(平成16年)頃、神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。Class OTSU-2 of Tokyo Metropolitan Tram, electric gondola car. She has Brill 21E truck.
上の写真の車輛は都電乙2。2004年(平成16年)頃、神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。



都電乙2が履いている台車はブリル21Eです。上述の通りこの車輛は当初はジョンバット台車を履いていましたが、何時の頃からかブリル21Eに履き変わっています。ジョンバット台車と言うのは何と言ったらよいのか、写真を見るとブリル13型に似た印象のある台車です。ブリル21Eとの相違で言うと、



  • 台枠上部両端のセミ・エリプティック・スプリング(半楕円形バネ)が、エリプティック・スプリング(楕円形バネ)になっている。
  • 横一文字の主台枠?の下側に並行に、もう1本、同じ程度の太さの副台枠?が通してある


とまぁ、こんな処でしょうか。



東京都交通局乙2のビューゲルが載る方のキャブ後部。神明町都電車庫跡公園(しんめいちょうとでんしゃこあとこうえん:東京都文京区)にて撮影。

この車輛、何故かビューゲルは取り外されていて、荷台の上に保管されています。片側のキャブの後ろの壁からちょっとした足場のような物が飛び出していて、その上にビューゲルが載る構造です。ダブルポールの時代には両側のキャブの後ろにポール台があって、その部分にポールが載せられていたのですが、片側のみにビューゲルを載せるようにして、不要な反対側のポール台は撤去したようです。

出入り口裾の標記から判る通り、自重5t、荷重5tの可愛い車輛です。但し、元々は出入り口には扉が付いた密閉構造だったようですし、台車振替も行われていますから最初からこの通りの数値ではなかったようで、製造当初の荷重は7t積みだったようです。