東京都交通局6300型

July 24, 2004.

東京都交通局(都営地下鉄)6300型は都営三田線(=6号線)用の車輛で1993年(平成5年)から2000年(平成12年)に掛けて222輛製造された車輛で、現在の三田線用車輛はこの系列のみです。編成は3M3Tの6輛固定の貫通編成で、車番は西高島平方から6300-1、6300-2、6300-3、の順に振られており、一番後ろ(日吉方)が6300-8です。5号車と6号車に相当する6300-5と6300-6は欠番となっています。恐らくは将来の8連化を見越してのことだとは思いますが、素人の勝手な予想では現状が3M3Tなので、1M1Tを増結して最終的に8連にするのではないかと思います。制御方式はVVVF方式ですから、最近の電車としてはごく有り勝ちで無難な選択ですな。

三田線では開業以来6000型が使用されていましたが、東急との相互乗り入れに伴うワンマン化、ホームドアの設置などに対応するためのATO装備などで使用開始後25年以上経過した6000型を改造するには莫大な経費が掛かるため新車に交換した方が結果的には安上がり、と言うことから6300型に置き換えられたようです。

6300型の運転される区間は西高島平(にしたかしまだいら)=白金高輪(しろかねたかなわ)=目黒(めぐろ)=日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)間です。東急の車輛が西高島平=白金高輪間の都営線内のみを走って東急線内に戻らない運用はありますが、逆に6300型が東急線内を走って都営線内に戻らない運用は無いようです。また、白金高輪=目黒間は東京メトロの所有する路線(=南北線)で、この区間を都営三田線が共同利用するという形を採っています。白金高輪=日吉間で6300型は東京メトロの車輛と顔を合わす機会は幾らもありますが、東京メトロの車輛が三田線内に入ったり、6300型が南北線に入る運用も無いようです。

車体外観は小牧線・名古屋市営地下鉄上飯田線の相互直通運転に使用されている名古屋鉄道の300系にかなり似ているような気がしますが、果たしてなんらかの関連性があるのかどうかは定かではありません。



6300-1

Aug 1, 2014.

東京都交通局(都営地下鉄)6300-1は西高島平(にしたかしまだいら)方に連結される先頭車で、クハに相当する車輛です。日吉方に連結される(クハ)6300-8と同様に、この系列の先頭車は全てクハになっています。ATC、ATOなどの制御機器類は全て6300-1に搭載されています。



東京都交通局6302-1。2021年(令和3年)4月、東急目黒線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6302-1。2021年(令和3年)4月、東急目黒線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。上の写真の6302-1は最初期の車輛なので、スカートがかなり短く、ほぼパンチラ状態になる色っぽい車輛です。



東京都交通局6303-1。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6303-1。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。上の写真の6303-1は最初期の車輛なので、スカートがかなり短く、ほぼパンチラ状態になる色っぽい車輛です。



東京都交通局6317-1他6連。2007年(平成19年)7月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6317-1他6連。2007年(平成19年)7月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京都交通局6329-1他6連。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6329-1他6連。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京都交通局6337-1。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6337-1。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。2000年(平成12年)製の、最終増備車輛です。



6300-2と6300-7

Aug 1, 2014.

東京都交通局(都営地下鉄)6300-2と6300-7はパンタグラフを2基有するM1車で、編成端から数えて2輛目に連結される中間電動車です。西高島平方から2車輛目に連結される6300-2の方は、お隣りのM2車の6300-3型とユニットを組みますが、日吉方から2車輛目に連結される6300-7の方はM1車ながらM単車として使用されています。車内に車椅子スペースがあります。



東京都交通局6318-2。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6318-2。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京都交通局6331-2。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6331-2。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京都交通局6318-7。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6318-7。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



6300-3

Aug 1, 2014.

東京都交通局(都営地下鉄)6300-3は西高島平方から数えて3輛目に連結されるM2車で、モハに相当する車輛です。(西高島平方から数えて)2輛目に連結されるM1車の6300-2とユニットを組みます。6300型には中間電動車が3輛連結されていますが、パンタグラフを持たない電動車はこの車輛のみです。6300型でコンプレッサを有するのはこの車輛と、隣に連結されるサハ相当の6300-4の2輛のみです。



東京都交通局6315-3。2002年(平成14年)4月、都営地下鉄三田線西台(にしだい:東京都板橋区)車庫にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6315-3、2002年(平成14年)4月、都営地下鉄三田線西台(にしだい:東京都板橋区)車庫にて撮影。



6300-4

July 12, 2008.

東京都交通局(都営地下鉄)6300-4は6300型の中では唯一のサハで、西高島平方から4輛目、日吉方から3輛目連結されます。6300型でコンプレッサを有するのはこの車輛と、隣に連結されるM2車の6300-3の2輛のみです。



東京都交通局6318-4。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6318-4。2008年(平成20年)7月、東急目黒線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



6300-8

Aug 1. 2014.

東京都交通局(都営地下鉄)6300-8は日吉方に連結される先頭車で、クハに相当します。西高島平方に連結される(クハ)6300-1とは異なり、ATO、ATCなどの制御機器類は搭載されていません。但し、車体外観は6300-1とほぼ同様です。



東京都交通局6305-8他6連。2019年(平成29年)4月、東急目黒線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)=大岡山(おおおかやま:東京都太田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6305-8他6連。2019年(平成29年)4月、東急目黒線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)=大岡山(おおおかやま:東京都太田区)駅間にて撮影。



東京都交通局6312-8。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6312-8、2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京都交通局6317-8。2007年(平成19年)7月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6317-8。2007年(平成19年)7月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。この車輛も6300-8ですが、スカートがやや小さくなり、車体裾部とスカートの間にかなり大きな隙間が開いています。



東京都交通局6318-8。2004年(平成16年)10月、東急目黒線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6318-8、2004年(平成16年)10月、東急目黒線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京都交通局6337-8他。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京都交通局6337-8他。2007年(平成19年)5月、東急目黒線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。2000年(平成12年)製の、最終増備車輛です。



東京都交通局6300型車内(6315-4)、2013年(平成25年)3月撮影。
東京都交通局(都営地下鉄)6300型(6315-4)の車内です。2013年(平成25年)3月撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁