東武鉄道の蒸気機関車

ベビーロコ・旧有田鉄道1号

July 19, 2008.

東武鉄道の「ベビーロコ」はオーレンシュタイン・ウント・アーサー・コッペル製のナローゲージの機関車です。一説によるとコッペル製の機関車は日本国内に1000輛以上輸入されたようですのでそれほど珍しいものでもないのですが、都内で見られる車輛はそれほど多くありません。まぁ、その辺に免じてご勘弁ください。有田鉄道開業当事からの機関車のようですが、後に東武鉄道の気動車1両と交換されます。東武でこんな小さな機関車を何処で使うのか少々不思議な気もしますが、新高徳機関区にいた記録があるようで、どうやら矢板線か越生線で使うのが前提だったようです。

この機関車は板橋区内、都営地下鉄三田線蓮根駅近くに在る常北交通公園に静態保存されています。説明に拠れば、この機関車では10輛牽引が精一杯だったので、本線上を回送しただけでお蔵入りになったそうです。10輛と言うのが満員のボギー客車を意味するのか、2軸貨車で10輛なのか定かではありませんが、所詮は運転整備重量8トンほどのナローゲージ並の機関車ですから、2軸貨車で10輛の方ではないかと思います。これだと東武鉄道内では入換用にも難がある程度の牽引力でしかありません。結局は早い時期に退役し、東上線のときわ台駅前に「ベビーロコ」と言う名前を付けられて展示されて、それだけに終わっています。

連結器が随分と高い位置に取り付けられていますが、小型機関車に普通のアライアンス式自動連結器を取り付けたので、こんな格好になったようです。大雑把に言うと、現在の連結器の取り付け位置は、機関車のランボードの位置よりもやや高いです。仕方がないので?端梁に鉄板を浮かせて取り付けて、その鉄板に新しく自動連結器が取り付けられています。元々の連結器の位置は、いわゆるナローゲージ的な位置に取り付けてあったようです。



有田鉄道1号機。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道のベビーロコ(旧・有田鉄道1号機)。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。



有田鉄道1号機。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道のベビーロコ(旧・有田鉄道1号機)。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。



有田鉄道1号機。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道のベビーロコ(旧・有田鉄道1号機)。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。



有田鉄道1号機。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道のベビーロコ(旧・有田鉄道1号機)。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。



有田鉄道1号機。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道のベビーロコ(旧・有田鉄道1号機)。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。



有田鉄道1号機。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道のベビーロコ(旧・有田鉄道1号機)。2008年(平成20年)7月、東京都板橋区城北交通公園にて撮影。



B1型5号機と6号機

Sept 13, 2008.

Class B1, No.5 and No.6 steam locomotive of Tobu Ry.'s were manufactured by UK locomotive builder "Beyer Peacock" at 1898. They were manufactured for the opening between Kita-Senju(Tokyo) and Kuki(Saitama) of Tobu Railway, Isesaki line.



東武鉄道のB1型機は1899年(明治32年)の伊勢崎線の北千住(きたせんじゅ:東京都足立区)=久喜(くき)間の開業に備えて輸入された車輛で、製造は1898年(明治31年)、製造元はベイヤー・ピーコック、鉄道院5500型の同型機です。自社発注機の他に、国鉄から5500型の譲渡を受けた車輛もB1型に含まれます。この払い下げられてきた車輛、実は東武鉄道が総武鉄道に譲渡した車輛が国有化後に払い下げられてきたもので、要するに出戻り車輛です。

東武鉄道は一貫して4-4-0機(アメリカン)を多用していたことで有名ですが、最初期からこの傾向はあったようです。もの凄く長大な貨物列車を、もの凄く急な勾配が連続するような路線に走らせる必要が無かったことが4-4-0機の使用を継続した最大の原因じゃ無いかと思いますが、貨物線は概して末端部へ行くと非電化の区間が多いので、その昔に導入した蒸気機関車をそのまま使い続けることが得策であるという判断があったからなのかも知れないです。イギリス製の4-4-0機の活躍が目立つのでアメリカ製の4-4-0機は陰に隠れがちな点はちょっと気に入らないですが、、、。

下の写真の2輛の機関車は、空制以前の原型に近い車輛が5号機で、空制化後の現在的?な車輛が6号機です。どちらも東武博物館に静態保存されている車輛ですが、東向島駅直下に居るのが5号機で、駅前の水戸街道(国道6号線)を挟んで向かい側の屋外に居るのが6号機です。但し、6号機の方は屋外とは言っても伊勢崎線のガードの下なので、丸っきりの雨晒しと言うわけでもありません(風向きによっては多少は濡れますけど)。

空制化以前の外観に戻してある5号機の方は恐らくは掛け替え可能な電球化以前の方式の前照灯を使う前提を再現したのだと思いますが、前側には前照灯が掛かっていて、テンダ側はランプ掛けだけ残してある辺りは流石というか、なんとも立派な見識です。電球式前照灯を常時装着した状態にしてある6号機との対比の兼ね合いでこうしてあるのでしょうが、流石に物持ちの良い東武鉄道ならでは、時代考証を良く踏まえた展示手法には脱帽させられます。



東武鉄道B1型5号機。2008年(平成20年)8月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道B1型5号機。2008年(平成20年)8月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。



東武鉄道B1型5号機。2008年(平成20年)8月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道B1型5号機。2008年(平成20年)8月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。



東武鉄道B1型6号機。2008年(平成20年)8月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道B1型6号機。2008年(平成20年)8月、東武博物館(東京都墨田区)にて撮影。



B3型30号機

July 18, 2009.

Class B3, No.30 steam locomotive was manufactured famous UK locomotive builder named Beyer Peacock at 1914. Probably, She is newest UK made steam locomotive in Japan. She has 4-4-0 wheel arrangement.



開業当時の東武鉄道は蒸気機関車が客車を引いて営業していましたが、電化後も蒸気機関車は貨物列車用としてかなり遅い時期まで使用されていました。相当に貨物列車の需要の多い鉄道なのに大部分の機関車が4-4-0軸配置のテンダ機ばかりだった理由は定かではありませんが、ネルソンやピーコック製のこの種の機関車を多数抱えていることで有名でした。

この写真の東武鉄道B3型30号機は1914年(大正3年)ベイヤー・ピーコック製の機関車で、東武鉄道としては最新の蒸気機関車です。国鉄5600型とほぼ同型の機関車で、恐らく日本に輸入されたピーコック製の機関車としては最新の、そして恐らくは最後の車輛であるようです。更に、少々珍しいことに、この機関車はいかり肩のベルペアー火室です。ベルペアー火室はアメリカ型の世界ではペンシルヴァニア鉄道の一連の機関車などでそれほど珍しいものではないですが、日本国内に入ってきた機関車としてはごく少数派です。



東武鉄道30号機。2009年(平成21年)7月、栃木県佐野市嘉多山公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道30号機。2009年(平成21年)7月、栃木県佐野市嘉多山公園にて撮影。



この東武鉄道B3型30号機は34号機と同型ですが、保存状態はかなり悪く褒められたモノではありません。多分、東武鉄道が佐野市に対して無償譲渡しているのだと思いますが、タダで貰っているから粗末に扱っているのでしょう。この種の車輛は、毎年1000万円程度は賃貸料を集金するようにでもしない限りは、やがてはスクラップです。この車輛もナンバープレートすらありませんし、ヘッドライトのレンズも残っていません。序でに書くと、車輛の横の立て看板の説明も間違っています。製造元がベーヤピーコックと書いてありますが、こんな機関車製造会社の名前は初めて聞きました。

「Beyer Peacock」と言う社名ですから、Beyerの部分は「ベーヤー」とか「ベイヤー」、500歩譲って「ベイエル」としかなりません。「べーヤ」と書いたのではBeya、Bejaとか、、、なんだか、書いていて腹が立ってくるなぁ。それでも悪口ばかり書いているのもどうかと思うのでこの車輛の美点を書いておきますが、連結器は両側ともアライアンス式自動連結器がそのまま残されています。どんなに程度が宜しくとも、34号機の方は住友製らしき連結器に交換されてしまっているのが惜しい処です。

この車輛の保存場所は、栃木県佐野市の嘉多山公園です。喜多山ではなくて「嘉多山(かたやま)」が正解ですので念のため。この辺りの事は有名な「編集長敬白」に同じことが記載されています、、、と言うよりは、34号機の方は我がサイトの重要なリンク先である「線路を探して」の主催者である鈴木光太郎さんから教わりましたが、30号機が佐野市内に保存されている事は「編集長敬白」で知りました。最末期に30号機以下の面々が佐野線の使用されていた事もあって、佐野市内のこの場所に保存されることになったようです。



B3型34号機

March 6, 2004.

Class B3, No.34 steam locomotive was manufactured famous UK locomotive builder named Beyer Peacock at 1914. Probably, She is newest UK made steam locomotive in Japan. She has 4-4-0 wheel arrangement.



東武鉄道B3型34号機は30号機と同様に、1914年(大正3年)ベイヤー・ピーコック製の機関車で、東武鉄道としては最新の蒸気機関車です。同じB3型であっても30号機と比べると、保存状態はこちらの34号機の方が遙かに宜しいです。



東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区立萩中公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。



東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。



東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。



東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。



東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。



東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道34号機。2005年(平成17年)12月、東京都大田区萩中公園にて撮影。



B4型39号機

Apr 13, 2012.

Class B4, No.39 steam locomotive was manufactured famous UK locomotive builder named Sharp Stewart at 1898. She has 4-4-0 wheel arrangement.



東武鉄道B4型39号機は、車番は新しいのですが製造時期はかなり古く、1898年(明治31年)にシャープ・スチュアートで6輛製造された車輛です。従って開業時に用意されたB1型と同時期の製造となります。B4型を発注したのは日本鉄道で、国有化されて5650型となり、後に全車が東武鉄道に払い下げられて来てB4型となります。上の写真の39号機は三岐鉄道丹生川駅に隣接する貨物鉄道博物館(三重県いなべ市)に静態保存されています。



東武鉄道39号機。2012年(平成24年)2月、貨物鉄道博物館(三重県いなべ市)にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道39号機。2012年(平成24年)2月、貨物鉄道博物館(三重県いなべ市)にて撮影。



東武鉄道39号機。2012年(平成24年)2月、貨物鉄道博物館(三重県いなべ市)にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道39号機。2012年(平成24年)2月、貨物鉄道博物館(三重県いなべ市)にて撮影。



B4型40号機

Apr 13, 2012.

Class B4, No.40 steam locomotive was manufactured famous UK locomotive builder named Sharp Stewart at 1898. She has 4-4-0 wheel arrangement.



東武鉄道B4型40号機は上の39号機と同様に、鉄道院の5650型だった車輛です。現在は東武動物公園駅に近い埼玉県南埼玉郡宮代町の町役場敷地内に静態保存されています。



東武鉄道40号機。2012年(平成24年)4月、埼玉県南埼玉郡宮代町役場にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道40号機。2012年(平成24年)4月、埼玉県南埼玉郡宮代町役場にて撮影。



東武鉄道40号機。2012年(平成24年)4月、埼玉県南埼玉郡宮代町役場にて撮影。 上の写真の車輛は東武鉄道40号機。2012年(平成24年)4月、埼玉県南埼玉郡宮代町役場にて撮影。



東武鉄道40号機。2012年(平成24年)4月、埼玉県南埼玉郡宮代町役場にて撮影。
上の写真の車輛は東武鉄道40号機。2012年(平成24年)4月、埼玉県南埼玉郡宮代町役場にて撮影。