東京急行デハ80型

Feb 9, 2008.

東京急行デハ80型は1949年(昭和24年)に6輛新造し、後に木造3扉車のデハ20型の車体更新などで増備された車輛です。現在では全車廃車されており、4輛は江ノ島電鉄に譲渡されて600型となりましたがこちらも全車廃車、1輛のみ出戻ってきて宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅横に展示されています。元々は3扉の内の前後2扉はステップ付き、中央扉は折り畳み式ステップでした。要するに高床ホームと低床ホームのどちらでも乗り降りが出来る京阪電鉄の「びわこ号」のような構造だったわけですが、結果として、江の電から出戻ってきた車輛が一番原形に近いと言うことになります。

デハ70型と同様にカルダン駆動化に伴い台車が交換されましたが、元々は東京市電気局由来のD-10型的な台車を履いていました。カルダン駆動化は70型・80型自体の改造と言うよりは、300型製造の前倒しとして台車だけ先行して既存の車輛で使い始めた、と見た方が宜しいでしょう。わずか数年のことなのに、何故そのような手間の掛かることをしたのかは定かではありませんが。

元来デハ80型は連結運転可能でありながら単行運転前提の両運転台車でしたが、連結2人乗り化に伴い大部分の車輛は片運転台化されました。「連結2人乗り」とは、2輛連結編成で、運転士さんと車掌さんが各車輛に1人づつ(=合計2人)乗務していると言う意味です。要は、ワンマンではない普通の2輛編成で2人乗務と言うことですが、連接車のデハ200デハ300以外は、連結部は貫通していないので通り抜けできません。

以下の写真のうち、ジャンパが賑やかな写真と、少々こざっぱりしている写真が混在しています。世田谷線では両運転台のままだったデハ85とデハ86を除けば全部の車輛が固定編成的な片運転台クモハを背中合わせにした2輛編成の運用しかなく、中間連結面以外にジャンパ栓は不要と言えるわけですが、玉川線時代には全部の車輛が両運転台クモハだったようで分割・併合のために賑やかにジャンパ線が取り付けてあります。

そう言った位置関係やら撮影時期やらとの兼ね合いでジャンパが賑やかだったりそうではなかったりと言った違いに現れるのだと思われます。基本的に、モノクロ写真は玉川線時代のモノのみ、総天然色写真は世田谷線時代のモノのみです。



上町駅付近を走行中の旧玉電色に復元された東京急行デハ81+デハ82。手前がデハ82。
上の写真の車輛は上町(かみまち:東京都世田谷区)駅付近を走行中の旧玉電色に復元された東京急行デハ81+デハ82。手前がデハ82。



東京急行デハ84。1988年(昭和63年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ84。1988年(昭和63年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。



旧塗装時代の東京急行デハ85の上り側です。1970年(昭和45年)頃、東急玉川線二子玉川園(ふたごたまがわえん:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は旧塗装時代の東京急行デハ85(上り側運転台周辺)。1970年(昭和45年)頃、東急玉川線二子玉川園(ふたごたまがわえん:東京都世田谷区)駅にて撮影。現在の駅名は「二子玉川(ふたこたまがわ)」ですが、この当時は二子玉川「園」と言う駅名です。東横線の多摩川駅も以前は多摩川園と言う駅名でしたけど、どちらも駅前に遊園地が在った頃の名残です。



旧塗装時代の東京急行デハ104の下り側です。1970年(昭和45年)頃、東急玉川線二子玉川園(ふたごたまがわえん)駅にて撮影。
上の写真の車輛は旧塗装時代の東京急行デハ104(下り側運転台周辺)。1970年(昭和45年)頃、東急玉川線二子玉川園(ふたごたまがわえん:東京都世田谷区)駅にて撮影。



江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
上の写真の車輛は江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 

上の写真のデハ104、元来は玉川電気軌道が最末期に製造した45号と言う木造車で、東京横浜電鉄への吸収合併に伴いデハ29となります。後に車体更新をしてデハ104になったと言うことです。後にデハ87と改番され、更に仲間3輛を含む合計4輛が江ノ島電鉄に譲渡され601号を名乗ります。その後、江ノ島電鉄に2000型が導入されると廃車され、デハ104のみは601号と言う番号のままで宮の坂駅横の世田谷区の施設内に静態保存されることとなりました。保存状態は、屋根がある割には余り良くないです。



江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)の車内。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
上の写真の車輛は江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 

江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)の車内。内部はご覧の通り、平凡な3扉ロングシートです。元来は、前後の扉はステップ付きで併用軌道用、中央の扉はステップ無しで高いホームのある専用軌道用でした。世田谷線時代は専用軌道しか走っていませんが、世田谷線は専用軌道であってもホームが路面電車並に低かったので全部の扉がステップ付きで使用されていました。



江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)の車内。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
デハ104の運転台。マスコン、ブレーキハンドル、圧力計しかないごく簡素なものです。古い電車だと、この程度の装備だけしか取り付けていないものは幾らでもありますね、



江ノ島電鉄601(=東京急行デハ104)の台車。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
台車はご覧の通り、輸入品コピー台車です。それでもこうして、リベットだらけの台車を拝むことができるのはうれしいことです。80型の中でもコピー台車ではなくて、本物の舶来台車を履いた車輛も以前は居たようです。ボールドゥイン風と言うのか、この種の台車はかなり大量に出回っていまして東京都交通局(都電)の6000型なども同じ台車を使っています。なによりも、東京都交通局にはこの台車に対するD-10と言う制式型番があるくらいです。



東京急行デハ85。1999年(平成11年)1月、東急世田谷線上町(かみまち:東京都世田谷区)駅にて撮影。
80型をはじめとする世田谷線の車輛は原則は連結2人乗りですが、この写真のデハ85とデハ86は最末期まで検査入場の代替車輛としても使われていたので、両運転台のままでした。左端にちょっとだけ見えているのが、相棒のデハ86です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁