東京急行デハ70

Feb 7, 2004.

東京急行デハ70型は1942年(昭和17年)頃から製造された車輛で、当初はデハ60型と良く似た外観で、正面は3枚窓の両運転台車でしたが、後に車体更新を受けた際にデハ80型に良く似た変則正面4枚窓の片運転台車となりました。それでもデハ70型は乗降扉が1枚引き戸のままでしたので、側面を見る限りは60型よりは原形を保っていました。

固定編成では無い筈ですが、世田谷線では奇数車が下高井戸寄り、偶数車が三軒茶屋寄りの2連編成を組み、全車輛ともにパンタグラフは下高井戸寄りでした。路線がほぼ東西に敷設している関係上、前パンの勇ましい写真を撮ろうとすると、午前中は必ず逆光になってくれる嬉しい?路線です。



東京急行デハ74。1988年(昭和63年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ74。1988年(昭和63年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。



東京急行デハ75。1999年(平成11年)1月、東急世田谷線上町(かみまち)駅にて撮影。
連結面側から見たデハ75。ご覧の通り、非貫通・2枚窓です。ちょっと見るとデハ150を古くした?ような外観です。東急の軌道線の車輛では、連接車のデハ200デハ300以外には、中間が貫通している車輛はありません。片運車同士を背中合わせに連結した場合であっても、連接車以外は中間は貫通していません。



交換済みの東京急行デハ76の台車。1999年(平成11年)1月、東急世田谷線上町(かみまち:東京都世田谷区)駅にて撮影。
最末期にはこの写真のような台車に交換されカルダン駆動となります。戦前製の半鋼製車に随分と思い切った台車を履かせたものですが、その台車はデハ300に転用することが前提であったようです。



東京急行デハ76。1990年(平成2年)1月撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ76。1990年(平成2年)1月撮影。



東京急行デハ78+デハ77の2連の写真、手前が三軒茶屋寄りのデハ78です。1999年(平成11年)1月撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ78+デハ77、手前が三軒茶屋寄りのデハ78。1999年(平成11年)1月撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁