東京急行デハ60

Apr 29, 2001.

東京急行デハ60型は1925年(大正14年)に日本車輛と田中車輛で製造された、玉川電気軌道の初代デハ30が前身で、玉川電気軌道としては最後の木造車です。別のコンテンツに写真をアップしてある二代目デハ30とは型式名が同じだけで、実態としては全く無関係の車輛です。

デハ60の種車になったのは初代デハ30の内のデハ31~デハ35で、2扉車です。後から製造されたデハ36~デハ45は3扉で、こちらは後に更新されデハ80型となります。

デハ60になった直後の車体形状はデハ70型の更新前と良く似ていますが、デハ60の方は前後の扉が2枚引き戸になったりしたために、類似性は薄くなりました。砧(きぬた)線廃止の際に花電車として走ったのもデハ60型です。この写真では自連側が写っていますが、反対側はラッシュ時のみ同型車を増結するように密連が取り付けられています(砧線は混雑時2連、閑散時は単行でした)。

砧線と言うのは玉川線の支線で二子玉川園(ふたこたまがわえん)=砧本村(きぬたほんむら)間の2.2km程の単線の路線です。玉川線廃止時に残存していたのは本線と、砧線と、下高井戸線ですが、ソコソコの距離も旅客数も見込める下高井戸線は「世田谷線」と名前を改めて残存できたのに対し、流石に専用軌道を持っているとはいえ2.2kmしかない砧線を維持することは無理だったようです。狛江、喜多見の辺りまで路線があれば話は別だったでしょうけど、、、。

終点の砧本村駅の駅前広場が東急バスのバスターミナルになっている事や、砧本村駅の待合室がそのままバス停の待合所に転用されている事は有名ですが、実は砧本村駅に入る直前直前の一方通行路、アレは砧線の軌道敷を転用したものだったと記憶しています。私も年齢が1桁前半の頃に親父に連れられて多摩川を徒歩で渡って南武線の久地駅から砧本村駅まで歩いて行って乗車した記憶が僅かに残っているだけなので駅前の一方通行路が絶対に間違いなく砧線の跡地だとまでは強弁しませんが、、、たぶん、間違いないと思います。



東京急行デハ63。1970年(昭和45年)頃、東急砧線二子玉川園(ふたこたまがわえん:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ63。1970年(昭和45年)頃、東急砧線二子玉川園(ふたこたまがわえん:東京都世田谷区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁