東京急行デハ300型

Feb 9, 2008.

1999年(平成11年)から製造された、軌道線最新の車輛です。但し、主要電装品は廃車となったデハ70型デハ80型から流用された模様です。もっとも、廃車になる時点で既にデハ70型とデハ80型は台車などは更新されていましたので、実質的には新車と言っても過言はありません。元来、デハ70とデハ80の台車更新は廃車直前になって行われているので、新台車は当初よりデハ300への転用を前提としていたと考えても宜しいでしょう。

200型以来、久々の2車体連接貫通構造車で、軌道線としては初の冷房装備車輛です。編成により塗装色が異なります。全車輛が東急車輛製です。当初はホームが低いままで使用されていたためにステップ付でしたが、後にホーム嵩上げに伴いステップ無しの仕様に変更されています(ステップ付だった初期車もこれに伴い若干改装されています)。軌道線でありながら、車輛を低床化せずにバリアフリー化を図ったと言う点では都電荒川線と同様ですが、軌道線でありながら併用軌道の少ない路線ならではの手法です。

2車体3台車の連接車で、車番は2車体とも同じ。但し、型式そのものは下高井戸(しもたかいど)寄り車体はデハ300A、三軒茶屋(さんげんぢゃや)寄り車体はデハ300B、と区別されます。当然冷暖房装備、更に一方向き固定クロスシートで快適ではありますが、2輛連結の旧型車だった時代よりは連接車になったデハ300の方が車体が短く、クロスシート化の結果座席定員が減っているようです。座席定員が減ることはサービス低下につながると思うのですが、それでも冷房付き新車の効果は絶大だったようで、世田谷線全体の乗客数減少に歯止めが掛かっただけではなく、乗客増加に転じてきたようです。

乗降用のドアは全て両開きのプラグドアです。いわゆる「連結二人乗り」仕様で、乗車は乗務員氏の陣地?の在る最前部と最後部の扉からで、降車は中間部の扉からです。2輛連結して、乗務員氏が運転士さんと車掌さんの合計2人乗っているから「連結二人乗り」なんですね。扉が閉まる時期は乗車用と降車用で微妙に変えてあるみたいで、私が見た車輛は全て降車用が先にしまって、ほんの僅か遅れて乗車用扉が閉まりました。戸閉め装置がそのように設定してあるのか、車掌さんなり運転士さんなりがそのような扉操作をするように社内規定があるのか、その辺りは定かではありません。



デハ301A+デハ301Bデハ302A+デハ302B
デハ303A+デハ303Bデハ304A+デハ304B
デハ305A+デハ305Bデハ306A+デハ306B
デハ307A+デハ307Bデハ308A+デハ308B
デハ309A+デハ309Bデハ310A+デハ310B


デハ301A+デハ301B

東京急行デハ301F。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
上の写真の車輛は東京急行電鉄デハ301F。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 

玉川線時代の車輛の塗装を模した塗装の301F、、、と言うよりは、デハ200風の塗装です。デハ200以外の車輛の正面の塗り分けは、単純な金太郎塗りです。車体側面にT.K.K.の文字が入っていることにご注目ください。T.K.K.とは「とっても、混んで、殺される、」と言う意味の略号で「東京急行」の略号ではありません(ウソ)。



デハ302A+デハ302B

Oct 1, 2017.

東京急行デハ302F。2017年(平成29年)9月、東急世田谷線若林(わかばやし:東京都世田谷区)駅=西太子堂(にしたいしどう:東京都世田谷区)駅間にて撮影 
上の写真の車輛は東京急行デハ302F。2017年(平成29年)9月、東急世田谷線若林(わかばやし:東京都世田谷区)駅=西太子堂(にしたいしどう:東京都世田谷区)駅間にて撮影 



デハ303A+デハ303B

Sept 23, 2008.

東京急行デハ303F。2008年(平成20年)9月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
上の写真の車輛は東京急行デハ303F。2008年(平成20年)9月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 

東急東京メトロパスの広告ラッピングを施された車輛です。自社広告の一種と言えなくもないですね。「東急東京メトロパス」と言うのは東急線の最寄り駅から東京メトロとの接続駅までの往復切符と、東京メトロの1日乗車券がセットになっているものです。東急だけでなく、各社向けに似たような企画乗車券が販売されています。東京空港交通のリムジンバスとのセット売り、なんてのもあります。但し、生憎ですが「東急東京メトロパス」では世田谷線には乗車できなかったと思います。



デハ304A+デハ304B

東京急行デハ304F。2000年(平成12年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅=松原(まつばら:東京都世田谷区)駅間にて撮影。東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ304F。2000年(平成12年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅=松原(まつばら:東京都世田谷区)駅間にて撮影。広告ラッピングされていた頃の304Fです。スポンサーはキリン(生茶)です。



デハ305A+デハ305B

東京急行デハ305F。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 
上の写真の車輛は東京急行電鉄デハ305F。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影 右端に見える緑色の物体は、デハ80型の保存車(と言うか江ノ電601号)です。



デハ306A+デハ306B

Feb 1, 2017.

東京急行デハ306F。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ306F。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。この車輛とは相性が悪くて長らくラッピング無しの状態で撮影できなかったのですが、元日に、初詣に行った直後に氏神様から直行したら無事に撮影することが出来ました。良い写真を撮るためにも、やはり信心はすべきだと思います(個人の見解です)。



デハ307A+デハ307B

東京急行デハ307F。2005年(平成17年)7月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅=松原(まつばら:東京都世田谷区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ307F。2005年(平成11年)7月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅=松原(まつばら:東京都世田谷区)駅間にて撮影。



デハ308A+デハ308B

東京急行デハ308F。2005年(平成17年)7月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅=松原(まつばら:東京都世田谷区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ308F。2005年(平成11年)7月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅=松原(まつばら:東京都世田谷区)駅間にて撮影。



デハ309A+デハ309B

東京急行デハ309F。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行電鉄デハ309F。2008年(平成20年)2月、東急世田谷線宮の坂(みやのさか:東京都世田谷区)駅にて撮影。



デハ310A+デハ310B

Feb 1, 2017.

東京急行デハ310F。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線松原(まつばら:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ310F。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線松原(まつばら:東京都世田谷区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁