東京急行デハ30型

July 3, 2000.

東京急行デハ30型、、、この車輛は30型としては二代目です。初代デハ30は玉川電気軌道の木造車で、この内の初期製造の2扉車は改造されてデハ60となり、後期製造の3扉車は改造されてデハ80型になります。

この二代目デハ30は1927年(昭和2年)製の軌道線用2扉車で、玉川電気軌道としては最初の鋼製車のようです。後に車体を延長し3扉に改造された為に、1段下降窓である点を除けば外観は後継のデハ40型に良く似ています。この写真は二子玉川園で保存されていた車輛を撮影したものですが、廃車の時期が比較的早かったのでビューゲル装備のままで保存されています。



旧・二子玉川園に保存されていた頃のデハ34。1970年(昭和45年)頃撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ34。1970年(昭和45年)頃、旧・二子玉川園(東京都世田谷区)にて撮影。



二子玉川園について

Sept 1, 2016.

このコンテンツに写真をアップした東京急行デハ30が保存されていた「二子玉川園」と言うのは、現在の「二子玉川ライズ」の辺りに在った小振りな遊園地です。確か、大昔には「読売遊園」と言う名前では無かったかと記憶しています。終戦直後の地図を見ると、現在の「いさみや(と言う名前の模型屋さん)の近くに読売遊園が在り、駅の方は「二子読売園」となっています。

恐らくは読売新聞が関係している施設で、「よみうりランド」の先駆け?のような施設だったのでしょうが、東横線の多摩川園駅の駅前に在った「多摩川園」と言う遊園地と、渋谷の東横百貨店の屋上遊園地と、この辺りが東急沿線の子供向け施設の代表的な存在です。「こどもの国」はと言うと、、、あれはもっと新しい施設ですので、上記3施設とは少々位置づけが違います。

その後諸々の地殻変動?があり、二子玉川園駅は遊園地の廃業に殉じて「二子玉川」駅と改名、多摩川園駅も遊園地の廃業に殉じて「多摩川」駅と改名、渋谷の東横百貨店は東急百貨店渋谷店と改名して現在に至ります。

但し、百貨店の方は社名・店舗名が変われば即日改名するでしょうが、駅名の方はそんなに簡単に変える訳にもゆかないので遊園地が無くなっても暫くの間は二子玉川園、多摩川園と言う駅名のままで営業しています。代表的な例は祐天寺駅=都立高等前駅間に在る「青山師範前」駅、、、現在の学芸大学駅だって学芸大学が駅前に無くなっても駅名は従来通りです。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁