東京急行デハ200型

Sept 1 2016.

東京急行デハ200型は1955年(昭和30年)に東急車輛で6編成が新造された玉川線用の低床連接車です。両端の台車は普通の2軸台車ですが、連接部に1軸台車を使う奇抜な構造でした。その外観から「ペコちゃん電車」として親しまれましたが、玉川線廃止と共に全車廃車されました。製造時期からして初代5000系と同様に湘南電車の意匠をパクった正面2枚窓ですが、これはこれでモダンな古臭さ?があって悪く無いデザインだと思います。

現役当時から渋谷=二子玉川園間の本線だけではなくて、三軒茶屋=下高井戸間の支線の方にも入線していました。恐らくは砧本村=二子玉川園間の支線には入っていないんだと思います。

廃車後は一貫してデハ204のみ保存されています。田園都市線高津駅高架下の「電車とバスの博物館」での保存が長かったですが、この博物館自体が田園都市線宮崎台駅高架下に移転すると、デハ204も一緒に移動して来ています。但し保存されているのは車体外側だけで、内部は殆どもぬけの殻、と言うか団体待合室?のような用途に使用されています。



東京急行デハ204。2001年(平成13年)8月、「電車とバスの博物館(神奈川県川崎市高津区)」にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ204。2001年(平成13年)8月、「電車とバスの博物館(神奈川県川崎市高津区)」にて撮影。



東京急行デハ204。2001年(平成13年)8月、「電車とバスの博物館(神奈川県川崎市高津区)」にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ204。2001年(平成13年)8月、「電車とバスの博物館(神奈川県川崎市高津区)」にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁