東京急行デハ150型

Sept 1, 2016.

東京急行デハ150型は1964年(昭和39年)に4輛新造された軌道線用の車輛です。型式番号は前後しますが、連接車のデハ200型よりも、こちらのデハ150型の方が新しい車輛です。同時期に製造された鉄道線用の7000系の影響を受けており、普通鋼製車体でありながら、車体側板にコルゲート板の補強板を貼るなど、独特な外観をしています。この辺りは定山渓鉄道のモハ2300型も同様です。

製造当初は両運転台でしたが、末期には片運転台化改造され「連結2人乗り」仕様となりました。「連結2人乗り」と言うのは2輛連結運転をして、それぞれの車輛に運転手さんと車掌さんが1人づつ(=合計2人乗り)乗務していると言う意味です。全車輛が東急車輛で製造されています。



東京急行デハ151+デハ152。1999年(平成11年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ151+デハ152。1999年(平成11年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ152。1988年(昭和63年)1月撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ152。1988年(昭和63年)1月撮影。



東京急行デハ154。1988年(昭和63年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ154。1988年(昭和63年)1月、東急世田谷線山下(やました:東京都世田谷区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁