流鉄5000系

Feb 1, 2017.

流鉄5000系は西武鉄道101N系を譲り受けた車輛で、2010年(平成22年)より使用されている車輛です。クモハ同士を背中併せにした2連で、流山向きの車輛がMc1車のクモハ5000、馬橋向きの車輛がMc2車のクモハ5100です。どちらも1~5までの5輛があり、下1桁目が同じ番号になる2連を組みますので全部で10輛です。つくばエクスプレスの開業に伴いかなり乗客は減ったらしく、以前のような3連の編成はありません。

要するに全部の車輛がクモハで、これは西武時代からです。入線に際し、クモハ化改造した車輛はありません。パンタグラフは流山向きのMc1車であるクモハ5000に2基装備しています。N101系由来の車輛は各地に売却されて行っていますが、クモハ同士の2連と言う点では上信電鉄のクモハ500型が最も近似性が強いようです。



流鉄クモハ5101+クモハ5001。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は流鉄クモハ5101+クモハ5001。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。



流鉄クモハ5002+クモハ5102。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は流鉄クモハ5002+クモハ5102。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。



流鉄クモハ5102+クモハ5002。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は流鉄クモハ5102+クモハ5002。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。



流鉄クモハ5103+クモハ5003。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は流鉄クモハ5103+クモハ5003。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。



流鉄クモハ5105。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は流鉄クモハ5105。2017年(平成29年)1月、流鉄流山(ながれやま:千葉県流山市)駅にて撮影。



流鉄5000系の車内(クモハ5103)。2009年(平成21年)撮影。
流鉄5000系の車内です(クモハ5103)。2009年(平成21年)撮影。



流鉄5000系の案内図です。2009年(平成21年)4月、流鉄幸谷(こうや)駅にて撮影。
流鉄5000系の登場前の導入案内ポスター。2009年(平成21年)4月、流鉄幸谷(こうや)駅にて撮影。