高田小熊写真館

明治村の5丁目65番地に展示されている高田小熊写真館は、昔の新潟県高田市、現在の新潟県上越市で現在も盛業中の写真館の古い建物を移設してきたものです(ガイド嬢談)。オーナーは、お兄さんが柏崎市内で写真館を経営していたためにそこで修行して、後に独立する際に少し離れた場所で旗揚げしたのがこの写真館なのだそうです。

雪国なので屋根の勾配がかなり強く、2階のスタジオの採光に配慮して北側の屋根に大きく明かり採り窓がある独特の構造です。因みに、玄関の扉が内開きなのも、雪が積もった時に音開きの扉だと玄関が開かなくなってしまうのでその対策なんだそうです(これもガイド嬢談)。



高田小熊写真館。2010年(平成22年)10月、明治村5丁目65番地にて撮影。
上の写真の建物は高田小熊写真館。2010年(平成22年)10月、明治村5丁目65番地にて撮影。大雑把ですが、明治村東京駅から列車に乗ると、出発してちょっと走った、進行方向左側に在ります。



高田小熊写真館内部。2010年(平成22年)10月、明治村5丁目65番地にて撮影。
高田小熊写真館の内部、と言うか2階北側の採光窓の辺りです。採光窓にカーテンが仕掛けてあって、これを開閉して明るさが調整できます。採光窓自体が曇り硝子であり、カーテンの布地もあるのでデフューザー効果が期待できます。ブツ撮り、人物撮影の基本中の基本を押さえた建築です。詰まらない写真撮影の教科書なんか読むよりも、この建物の内部を暫く眺めている方が遙かに勉強になります。2010年(平成22年)10月、明治村5丁目65番地にて撮影。



高田小熊写真館内部。2010年(平成22年)10月、明治村5丁目65番地にて撮影。
高田小熊写真館のスタジオ内部です。水墨画のような背景布がしゃれていますが、これ、2人掛り以上じゃないと交換できないシロモノなんだそうで、概ね2か月に1回程度の頻度で交換するのだそうです(これまたガイド嬢談)。背景布もかなり揃っているようなので、コンプリートしようと思ったら2年か3年間は通い詰める必要があります。2010年(平成22年)10月、明治村5丁目65番地にて撮影。



QRコード


秋の夜長のお供にどうぞ。