養老鉄道600系について

Apr 13, 2012.

養老鉄道600系は近畿日本鉄道20m級4扉車体の通勤用車輛のうち、比較的車齢が高く余剰となっていた車輛を改装し、養老線で使用していた車輛です。1992年(平成4年)に名古屋線用の1600系を改造した車輛が前後に出る3連を600系とし、南大阪線用の6100系を改造した3連を620系としたのが振り出しです。後に610系が出来たり、6800系改造車を600系に入れたりと、原則はかなり崩れています。

全系列共に2連の場合はモ+ク、3連の場合はモ+サ+ク、と言う編成になります。モは全て制御電動車で中間電動車のモは存在しないので、中間車は全てサになっています。養老線を分社化し子会社の養老鉄道とした際に、これらの車輛はそのまま養老鉄道に残留しています。例によって近鉄の事なので系列は異様に細分化されているのですが、余所者から見れば各系列共に多少仕様が違うだけで、実態は単なる600系であることには過ぎません。

因みに、養老鉄道と言うのは業績不振だった養老線を上述の通り近鉄から分社化したもので、近鉄の100%出資の子会社です。施設や車輛は全く所有しておらず、以下にご覧いただく養老鉄道云々と注釈を書いた車輛もなにも、はっきり書いてしまえば写真に写っている代物は、実は全て近畿日本鉄道からの借り物です。養老鉄道は、あくまでも近鉄養老線の施設を借用して運行する立場です。



モ600モ610モ620
ク500ク510
サ560サ570



養老鉄道モ600

養老鉄道モ600型は大垣向きのクモハ相当の車輛です。モ606のみは南大阪線の6800系の「モ」だった車輛からの改造ですが、それ以外の車輛は名古屋線の1600系を改造した車輛です。パンタグラフは運転台とは反対側に1基のみ装備しています。



養老鉄道モ606。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道モ606。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。この車輛は元々は南大阪線のモ6800だった車輛(=ラビットカー)なので、そのせいもあってかラビットカー塗装になっています。



養老鉄道モ610

養老鉄道モ610型は610系に属する車輛で、大垣(おおがき)向きのクモハ相当の車輛です。パンタグラフは運転台とは反対側に1基のみ装備しています。



養老鉄道モ611。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道モ611。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。



養老鉄道モ620

養老鉄道モ620型は620系に属する車輛で、桑名(くわな)・揖斐(いび)向きのクモハ相当の車輛です。パンタグラフはありません。養老鉄道の電動車は全て運転台付きのクモハ相当の車輛ですが、桑名・揖斐向きの「モ」はこの形式のみです。



養老鉄道モ624。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道モ624。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。



養老鉄道ク500

養老鉄道ク500型は桑名(くわな)・揖斐(いび)向きのクハ相当の車輛です。近鉄名古屋線の1600系の「ク」と、と南大阪線の6800系の「モ」だった車輛を600系に改装した車輛です。パンタグラフはありません。600系のクは原則として桑名(くわな)・揖斐(いび)向きです。例外としてク520のみが大垣向きです。



養老鉄道ク506。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道ク506。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。この車輛は元々は南大阪線のモ6800だった車輛で(=ラビットカー)、そのせいもあってかラビットカー塗装になっています。



養老鉄道ク510

養老鉄道ク510型は桑名(くわな)・揖斐(いび)向きのクハ相当の車輛です。600系のクは原則として桑名(くわな)・揖斐(いび)向きです。例外としてク520のみが大垣向きです。



養老鉄道ク511。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道ク511。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。



養老鉄道ク520

養老鉄道ク520型は大垣(おおがき)向きのクハ相当の車輛です。600系で大垣向きのクはこの形式のみ、ク500ク510は桑名(くわな)・揖斐(いび)向きです。



養老鉄道ク524。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道ク524。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。



養老鉄道サ560

付随車ですが、パンタグラフを有します。中間電動車を電装解除した車輛で、パンタグラフを持っていないモ620と共に使用されています。3連の編成に使用される「サ」なので連結場所は編成中央なのは当然ですが、パンタグラフは桑名(くわな)・揖斐(いび)寄りに設置されています。相方?となるモ620も当然乍ら桑名(くわな)・揖斐(いび)寄りに連結されます。



養老鉄道サ564。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道サ564。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。



養老鉄道サ570

養老鉄道サ571。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は養老鉄道サ571。2012年(平成24年)2月、養老鉄道桑名(くわな:三重県桑名市)駅付近にて撮影。