新京成電鉄n800型

新京成電鉄n800型は兄弟会社である北総鉄道の7500型と同様に、京成電鉄の新3000型を基本とした車輛です。そのために、塗装の相違を除けば、外観上は京成電鉄の車輛と大差ありません。日車標準車体の車輛などを除けば、新造時から同じような車輛を異なる3つの会社で揃えて作ったと言う例は極めて稀で、運輸省規格型電車以来の快挙?とも言えます。

この文章を書いている時点では6連のみで、ちはら台・京成津田沼寄りからn811、n812、n813と始まり、以降、松戸方に向かってn816、n817、n818と続きます。両端のn8*8+n8*7とn8*1+n8*2のユニットがクモハ+モハで、中間に入っているn813とn816はサハです。現時点では欠番ですが、将来的には中間電動車のn814+n815が増結されるのかも?。



新京成電鉄n811他。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は新京成電鉄n811他。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。



新京成電鉄n812。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は新京成電鉄n812。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。ちはら台・京成津田沼寄りから数えて2輛目に入るn812。シングルアームパンタグラフを装備した、いわゆるM1車です。保安装置や列車無線の装備の点と、編成両端がクモハ相当の車輛になっていることから、n800型は都営地下鉄浅草線や、京浜急行線への乗り入れも可能です。新京成の電車が京浜急行まで乗り入れて来る可能性はかなり低そうですが、、、。



新京成電鉄n814。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。
新京成電鉄n814。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。松戸寄りから数えて3輛目に入るn814。ごく普通のサハです。新京成のn800型の場合は、クモハ、モハ、サハが各2輛づつで編成を組みます。新造車なのに最長編成の8連ではなくて、京成千葉線に乗り入れて松戸=千葉中央間を直通運転させるための措置のようです。