新京成電鉄800系

新京成電鉄800系は初の多段制御カルダン駆動車で、1971年(昭和46年)から1975年(昭和50年)までに、クモハ相当のモハ800型、サハ850型、クハ850型の3車種合計36輛が製造されたものです。編成はクモハ+サハ+サハ+クモハの4連と、クモハ+クハの2連が同数づつでしたが、後に編成中のM車の比率を高めるための組み替えが行われた他に、新造車の増備に伴う廃車があったりで、現在では8連(5M3T)が2編成と、6連(4M2T)が1編成残るのみとなりました。

正面は貫通路があるように見えますが、ホロ枠座のような物体は単なる装飾です。当初は貫通路があったのですが、現在は改造により非貫通3枚窓になっています。改造前の外観は、如何にも京成的で穏やかで品の良い表情でした。貫通路付きのままでハメ殺しにしておけば良かったのに、、、。



新京成電鉄813号他。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄くぬぎ山車輛基地(千葉県鎌ケ谷市)にて撮影。
上の写真の車輛は新京成電鉄813号他。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄くぬぎ山車輛基地(千葉県鎌ケ谷市)にて撮影。