京阪電気鉄道350型

Jan 17, 2004.

京阪電気鉄道350型はの交野線で使用されていた800型(琵琶湖鉄道汽船100型)の部品を使用して、1966年(昭和41年)と1967年(昭和42年)に11輛製造された車輛で、260型に類似した車体を新造した車輛です。モーターが1輛辺り2個しか用意できなかったので、比較的平坦な石山坂本線専用に使用され、京津線へ入る運用は無かったようです。

11輛の内、1966年(昭和41年)製の1次車である351号から355号までの5輛が両運転台、1967年(昭和42年)製の2次車である356号から366号までの6輛が片運転台です。



京阪電鉄350型357号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄浜大津(はまおおつ:滋賀県大津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は京阪電鉄350型357号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄浜大津(はまおおつ:滋賀県大津市)駅にて撮影。上の写真の車輛は片運転台の357号です。後に、4輛が700型に改造されています。