京阪電気鉄道260型

Jan 17, 2004.

京阪電気鉄道260型は2扉・両開き・正面貫通、と小田急電鉄のデハ1300型を思わせるような外観の車輛です。もっとも、両開き扉となったのは写真の268号を含む2次型以降の話で、1957年(昭和32年)製の1次車である261から267までは片開き扉です。

1957年(昭和32年)から1968年(昭和43年)に掛けて26輛が製造されています。この内の1959年(昭和34年)製の2次車6輛と、1961年(昭和36年)・1963年(昭和38年)製の3次車6輛は、車体が600型に流用されています。1968年(昭和43年)製の4次車は7輛製造された内の6輛が500型と改番されたのちに車体が700型に流用されています。



京阪電鉄260型268号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄石山坂本線にて撮影。
上の写真の車輛は京阪電鉄260型268号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄石山坂本線にて撮影。



京阪電鉄260型262号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄浜大津(はまおおつ:滋賀県大津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は京阪電鉄260型262号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄浜大津(はまおおつ:滋賀県大津市)駅にて撮影。こちらは2扉・片開き・両運転台の1次型車です。