神奈川臨海鉄道DD55

Nov 1, 2015.

神奈川臨海鉄道DD55型は開業時から使用されている国鉄DD13系列のセンターキャブ構造の機関車でDD55を名乗ります。勿論、DD45など、これ以外の型式もあったのですが、現在ではDD55と後述のDD60のみのようです。

「55」と言う数字からも判る通り55トン機で、出力は1000馬力です。初期の車輛は廃車されていますが、同一型式の車輛を新造して補充しています。車番はDD55の1号機から19号機まであるのですが、19輛が全部同時に在籍したことはありません。流石に最近は新造DD55での代替は止めて、出力増強型のDD60で置き換えるようになっています。



DD55-9

神奈川臨海鉄道DD559。1999年(平成11年)4月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD559。1999年(平成11年)4月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。

下の写真のDD5510とは反対側(いわゆる海側)の側面を写しています。燃料タンクにはしっかりと「燃料タンク」と言うレタリングが入っています。随分と判り易い機関車です。



DD55-10

神奈川臨海鉄道DD5510。2003年(平成15年)12月、JR貨物川崎貨物駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5510。2003年(平成15年)12月、JR貨物川崎貨物駅にて撮影。

撮影場所はJR貨物の川崎貨物駅で、以前は塩浜操車場と呼ばれていた場所です。この駅の入換作業は神奈川臨海鉄道が請け負っているために、構内を走り回っているのは神奈川臨海鉄道のディーゼル機関車のみです。JR貨物の電気機関車もいるのですが、こちらは臨海鉄道の機関車が入換をしてくれているのをボーっと眺めて?いるのみです。



DD55-11

May 1, 2016.

写真が撮れずじまいだったので文章だけですが、東急車輛製のDD5511のみはセミセンタキャブの試作的な機関車で、全く外観が異なります。出力は1250馬力ですから、他のDD55とはかなり様相を異にしています。この機関車は1エンジンなんでしょうか?。アプローチの仕方は違うものの、東急車輛なりにDE10的な機関車を模索していたら、こんな車輛が出来上がったんじゃないかと言う気がします。あくまでも「気がする」だけですけど。



DD55-13

神奈川臨海鉄道DD5513。2004年(平成16年)1月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま)機関区にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5513。2004年(平成16年)1月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま)機関区にて撮影。

奥に止まっているのはDD5517です。川崎貨物駅の中にある塩浜(しおはま)機関区の建物の横で撮影したものです。



DD55-14

神奈川臨海鉄道DD5514。2005年(平成17年)12月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5514。2005年(平成17年)12月、横浜本牧駅にて撮影。コンテナ列車を牽引して到着し、横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅で入換作業に従事している写真です。



DD55-15

神奈川臨海鉄道DD5515。2006年(平成18年)2月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5515。2006年(平成18年)2月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。

日本触媒のタンクコンテナを載せた列車を牽引して、千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅に到着した処です。これが横浜本牧駅だったら機関車の写真が撮影できただけで素直に喜べるのですが、千鳥町では素直に喜ぶわけには行きません。タンクコンテナがやって来ると言うことは、タンク車の出番が少なくなってきたと言うことに他ならないからです。



DD55-16

May 1, 2016.

神奈川臨海鉄道DD5516。2016年(平成28年)4月、神奈川臨海鉄道浮島線川崎貨物(かわさきかもつ:神奈川県川崎市川崎区)駅=末広町(すえひろちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5516。2016年(平成28年)4月、神奈川臨海鉄道浮島線川崎貨物(かわさきかもつ:神奈川県川崎市川崎区)駅=末広町(すえひろちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅間にて撮影。旧塗装ですが撮影時期はかなり新しくて、2016年(平成28年)4月の撮影です。川崎区小島町の工業団地に集荷に行く途中の踏切で偶然にも撮影したものです。本当に偶然だったので自動車の窓を開ける余裕すらない状態での撮影なので、ちょっとコントラストが下がり気味です。



DD55-17

神奈川臨海鉄道DD5517。2003年(平成15年)12月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5517。2003年(平成15年)12月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。千鳥町のヤードに入ってきたところを撮影したものです。



DD55-18

神奈川臨海鉄道DD5518。2002年(平成14年)6月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま:神奈川県川崎市川崎区)機関区にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD5518。2002年(平成14年)6月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま:神奈川県川崎市川崎区)機関区にて撮影。この塗装色が現在の標準的な塗装で、この機関車が最初にこの塗装となったものです。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁