東北本線・日光線用205系600番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

この内の、600番代車はJR東日本独自の車輛で、栃木県宇都宮市周辺を走る宇都宮線(=東北本線)と日光線で使用するために、余剰となった0番代車を改造して相模線用の500番代車的な2M2Tの4連を組めるようにしたものです。悪い車輛ではないと思うのですが、今までは広幅車体の211系5連を使用していた東北本線の車輛を、狭幅車体の205系4連で置き換えることには無理があるように思います。107系4連で運転していた日光線の方は4扉車になったので座席が減った程度の問題でしかないとは思いますけど。

編成の組み方は500番代車と全く同様で、4連1編成の中にモハとクハが2型式づつ組まれていて、各車輛の車番は全て揃います。例えば、一方の先頭車がクハ204-654だとすれば、反対側は必ずクハ205-654であり、中間に入る電動車もモハ204とモハ205の654号車になります。増結用の短い2連編成とかは無いので、編成は必ず4連か8連となります。12連は、、、多分無いでしょうなぁ。運行区間は原則として宇都宮=黒磯間(東北本線)と、宇都宮=日光間(日光線)ですが、入出庫回送を兼ねて東北本線の小山まで南下してくる運用もあるようです。

4連が12編成あり、合計は48輛です。その内の4編成(16輛)が日光線用で、残りの8編成(32輛)が東北線用です。



クハ204型600番代

June 1, 2014.

JR東日本クハ204型600番代車は小山・日光向きのクハです。後述のクハ205型600番代車とは異なり、洗面所は有しません。現実にはあり得ませんが、そのまま南下して東海道本線までやって来れば「神戸向き」「下り向き」と言うことになります。大雑把に言えば、塗装が変更された程度で京葉線時代と外観上の大差はありません。

JR東日本クハ204-603。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-603。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。この車輛は京葉線用だった車輛なので、正面の意匠が他の車輛とは異なり、所謂「メルヘン顔」をしています。塗装は日光線用のモノです。



JR東日本クハ204-604。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-604。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。この車輛も京葉線用だった車輛なので、メルヘン顔で他の車輛とは異なります。



JR東日本クハ204-606。2020年(令和2年)10月、JR日光線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-606。2020年(令和2年)10月、JR日光線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。この車輛も京葉線用だった車輛なので、メルヘン顔で、塗装は日光線色です。



JR東日本クハ204-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。この車輛も京葉線用だった車輛なのでメルヘン顔で、塗装は湘南色です。



JR東日本クハ204-612。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-612。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。この車輛は標準的な正面意匠の車輛ですね。



クハ205型600番代

June 1, 2014.

JR東日本クハ205型600番代車は黒磯向きのクハです。前述のクハ204型600番代車とは異なり、洗面所を有します。洗面所の設置位置は連結面寄りの山側(連結面に向かって右側)です。現実にはあり得ませんが、そのまま北上して東北本線を走り切って行けば「青森向き」と言うことになります。

JR東日本クハ205-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。この車輛は京葉線用だった車輛なので、メルヘン顔です。塗装は湘南色です。



JR東日本クハ205-611。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-611。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。この車輛は標準的な正面意匠で、塗装も湘南色です。



JR東日本クハ205-612。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-612。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。この車輛も標準的な正面意匠+湘南色です。



モハ204型600番代車

June 1, 2014.

JR東日本モハ204型600番代車は、後述のモハ205型600番代車とユニットを組む中間電動車で、上り寄り(上野寄り)から2輛目に連結されます。パンタグラフは無くサハ的外観です。

JR東日本モハ204-603。2014年(平成26年)5月、JR日光線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-603。2014年(平成26年)5月、JR日光線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。この車輛は日光線用の塗装となっています。



JR東日本モハ204-604。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-604。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-606。2020年(令和2年)10月、JR日光線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-606。2020年(令和2年)10月、JR日光線宇都宮(うつのみや:栃木県宇都宮市)駅にて撮影。この車輛は日光線用の塗装となっています。



JR東日本モハ204-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-612。2018年(平成30年)2月、JR東北本線岡本(おかもと:栃木県宇都宮市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-612。2018年(平成30年)2月、JR東北本線岡本(おかもと:栃木県宇都宮市)駅付近にて撮影。



モハ205型600番代車

June 1, 2014.

JR東日本モハ205型600番代車は、前述のモハ204型600番代車とユニットを組む中間電動車で、黒磯方から2輛目に連結されます。2M2T編成用ではあっても相模線用の500番代車のモハ205とは異なりパンタグラフを2基装備しています。シングルアームパンタグラフなんですが、パンタの尖がりが内側同士を向いているのは、なんとなく奇妙な印象を受けます。

JR東日本モハ205-604。2018年(平成30年)2月、JR東北本線岡本(おかもと:栃木県宇都宮市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-604。2018年(平成30年)2月、JR東北本線岡本(おかもと:栃木県宇都宮市)駅付近にて撮影。



JR東日本モハ205-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-607。2015年(平成27年)12月、JR東北本線黒磯(くろいそ:栃木県那須塩原市)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-611。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-611。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-612。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-612。2014年(平成26年)5月、JR東北本線宝積寺(ほうしゃくじ:栃木県塩谷郡高根沢町)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁