相模線用205系500番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

この内の5000番代車は山手線からの転属車を武蔵野線・京葉線で使用する際に6M2Tの8連で運転したいけれども、転属・編成換えなので電動車が不足気味なのでなんとか4M4Tにしたい、、、と言うことで電動車のモーター同じ120kWのモーターながら直巻電動機から誘導電動機に換装したものです。誘導電動機にしただけで、モハ2輛分も出力を稼げると言う計算もなんだか可笑しいんじゃないかと言う気がしないでもないですが、、、。

鶴見線の1100番代車や、南武線の1200番代車が先頭車のみの新番代区分であるのに対し、こちらの5000番代はあくまでも中間に入る電動車だけの問題ですから、一緒に連結されているクハやサハは0番代の車輛がそのまま使われています。



モハ204・5000番代

JR東日本モハ204-5043。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-5043。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-5044。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-5044。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



モハ205・5000番代

JR東日本モハ205-5044。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-5044。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-5046。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-5046。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁