相模線用205系500番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

相模線用205系500番代車はJR東日本独自の車輛で、相模線(茅ヶ崎=橋本間)の全線電化開業用に併せて1991年(平成3年)までに4連が13編成=52輛製造された車輛です。既存の205系とは正面の形状がかなり異なっているほか、半自動扉の装置など、独自の装備が取り付けられてあります。その点を除けば普通の205系0番代車と大差はありません。実際に、相模線電化時の試運転では南武線からモハ2輛を抜いて4連化した編成を使ったようです。

相模線用205系500番代車の編成は茅ヶ崎(ちがさき)方から

クハ205-500モハ205-500モハ204-500クハ204-500

となる2M2Tで、この編成の組み方は八高線・川越線用の205系3000番代車と同様です。4輛編成で4輛それぞれに型式が違っているのですが、車番だけは共通しています。例えば、クハ205-501がやって来たとすれば、反対側の先頭車は必ずクハ204-501となりますし、中間電動車の2輛も必ずモハ205-501とモハ204-501の組み合わせになっています。別に固定編成というわけでもないのでしょうが、固定編成的な使われ方をしています。因みに、編成番号は「R1」から始まり「R13」までの13編成です。どちらかの正面さえ見れば、連結されている車輛の車番は一瞬で特定できます。

「編成中の車輛が全部違う型式」と書いてしまうと変な車輛のように思えますが、クハが上り向きと下り向きで型式を変えてあるのと、中間のモハ2輛がユニット編成を組む前提の車輛なので型式が2つに分かれているのでこうなっているだけです。やっている事自体は「制御車には電動車が無い」「電動車は中間車しかない」と言う系列をやりくりしているので案外に真っ当な編成の組み方です。



クハ205型500番代

June 20, 2009.

JR東日本のクハ205型500番代車は茅ヶ崎向き(上り向き)のクハです。205系500番代車は両端にクハを連結しており、茅ヶ崎向きの車輛はこのクハ205のみです。編成の反対側には必ずクハ204型500番代車が連結されます。

JR東日本クハ205-501。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-501。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。寒川駅の在る「高座郡」はちょっとした難読地名ですが「こうざぐん」と読みます。近くの藤沢市に「高蔵」と言う場所が在りますが、「たかくら≒こうざ」です。似たような組み合わせは埼玉県にも在って「にいくら≒にいざ」となります。恐らくは高句麗や新羅から渡来人を技術指導に招聘した際に集団居留地を設置した名残ではないかと思います。



JR東日本クハ205-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。正面にヘッドマークが取り付けてありますが、これは「神奈川・横浜デスティネーション・キャンペーン」のものです。



JR東日本クハ205-503。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-503。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。寒川駅は中原街道沿いに在って頻繁に近くは通るのですが、この駅で撮影したのは今回が初めてでした。本線の南側に留置線化した以前の西寒川支線の残骸みたいな線路が中原街道の踏切に在るので、結果的に茅ヶ崎行きの下り列車を撮影する際にはソコソコの引きが取れるので悪く無い場所です。



JR東日本クハ205-507。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-507。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



JR東日本クハ205-508。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-508。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-512。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-512。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。



クハ204型500番代

June 20, 2009.

JR東日本のクハ204型500番代車は橋本・八王子向き(下り向き)のクハです。205系500番代車は両端にクハを連結しており、橋本・八王子向きの車輛はこのクハ204のみで、編成の反対側にはクハ205型500番代車が連結されます。

JR東日本クハ204-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。正面にヘッドマークが取り付けてありますが、これは「神奈川・横浜デスティネーション・キャンペーン」のものです。



JR東日本クハ204-503他4連。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅=香川(かがわ:神奈川県茅ヶ崎市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-503他4連。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅=香川(かがわ:神奈川県茅ヶ崎市)駅間にて撮影。



JR東日本クハ204-504。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-504。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



JR東日本クハ204-507。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-507。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



JR東日本クハ204-512。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-512。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。



JR東日本クハ204-513。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-513。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。



モハ205型500番代

June 20, 2009.

JR東日本のモハ205型500番代車は茅ヶ崎方(上り方)から2輛目、橋本・八王子方(下り方)から3輛目に連結されるモハです。パンタグラフは1基のみで、シングルアームのものを橋本・八王子方、と言うかユニットを組む相手となるモハ204型500番代車寄りに取り付けてあります。元来は菱形の普通のパンタグラフだったのですが、2009年(平成21年)までに全部の車輛がシングルアームのものに取り替えられています。

JR東日本モハ205-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



JR東日本モハ205-503。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-503。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-508。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-508。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-512。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-512。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-513。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-513。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



モハ204型500番代車

June 20, 2009.

JR東日本のモハ204型500番代車は茅ヶ崎方(上り方)から3輛目、橋本・八王子方(下り方)から2輛目に連結されるモハです。前述のモハ205型500番代車とユニットを組み、パンタグラフはありません。

JR東日本モハ204-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-502。2009年(平成21年)6月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



JR東日本モハ204-503。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-503。2020年(令和2年)6月、JR相模線寒川(さむかわ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-508。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-508。2015年(平成27年)11月、JR相模線相武台下(そうぶだいした:神奈川県相模原市南区)駅にて撮影。パンタグラフが写っていますが、これは隣の線路に居るモハ205のモノです。この車輛が「パンタ付きの世にも珍しいモハ204」と言うことではありません。



JR東日本モハ204-512。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-512。2016年(平成28年)4月、JR相模線倉見(くらみ:神奈川県高座郡寒川町)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-513。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-513。2014年(平成26年)3月、JR相模線厚木(あつぎ:神奈川県海老名市)駅=海老名(えびな:神奈川県海老名市)駅間にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁