南武本線用205系1200番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

205系1200番代車は山手線から南武線に転用する際に、不足するクハを充当するためにサハから改造した車輛です。中間に連結する車輛はあくまでも0番代車であって、この辺りの事情は鶴見線用の1100番代車と同様です。0番代のクハと同様に、クハ204は立川向き、クハ205は川崎・浜川崎向きとなります。

なお、「南武本線」と言う書き方をしていますが、実際に「南武本線」と言う路線があるわけではありません。その代わりに?南武線には途中駅の尻手(しって)から分岐する支線があって205系1000番代車が使用されているので対比のために「本線」と言う接尾辞?を付けて記述しているまでの話です。



クハ204型1200番代

June 8, 2012.

JR東日本クハ204型1200番代車は南武線走行時に立川方に連結されるクハです。1200番代車はクハ不足を補うためにサハから改造されたものであって、中間車に1200番代の車輛はありません。また、一方のクハが1200番代車であれば、反対側のクハも1200番代車です。0番代クハと1200番代クハが混在する編成はありません。

JR東日本クハ204-1204。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-1204。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



JR東日本クハ204-1206。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-1206。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。



クハ205・1200番代

June 8, 2012.

JR東日本クハ205型1200番代車は南武線走行時に川崎方に連結されるクハです。

JR東日本クハ205-1205。2012年(平成24年)6月、JR東日本南武線宿河原(しゅくがわら:神奈川県川崎市多摩区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-1205。2012年(平成24年)6月、JR東日本南武線宿河原(しゅくがわら:神奈川県川崎市多摩区)駅付近にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁