鶴見線用205系1100番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

鶴見線用の205系1100番代車E231系を山手線に投入した結果として余剰になった205系を3連化し、従来103系を使用していた鶴見線の電車を205系化するために改造されたものです。1100番代となっているのは両端のクハ205とクモハ204だけで、中間のモハ205は普通の0番代車が帯色の変更以外の改装・改造は無くそのまま使用されています。3輛編成が9編成ですので、1100番代の18輛と言うか、オマケして27輛と言うか、これが鶴見線の車輛の全てです。

両先頭車が改造車で中間車はそのまま、と言う手法は南武線の1200番代車も同様です。鶴見線用の車輛は南武支線用の1000番代とはことなりワンマン運転をしないために、番代区分が1100番代となっています。なによりも、南武支線用の1000番代車は2輛編成のみで2輛とも1000番代のクモハですが、こちらの鶴見線用1100番代車は2M1Tの3連のみですから、当然乍ら同じ編成には出来ません。

旅客需要としては朝夕のラッシュ時を除けばワンマン運転でも支障は無い程度でしかありませんが、何分にも急カーブの途中にホームが掛かっているような、余り感心できない線形の駅が多いからなのか、一貫して車掌さんは乗務しています。



クモハ204-1100クハ205-1100モハ205-0



クモハ204型1100番代車

June 7, 2008.

クモハ204型1100番代車は上り方(鶴見方)に連結されるクモハでパンタグラフは無し、モハ204型0番代車からの改造です。車番は反対側のクハ205型1100番代車と揃います。

JR東日本クモハ204-1103。2008年(平成20年)6月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハ204-1103。2008年(平成20年)6月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本クモハ204-1104。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線大川支線大川(おおかわ:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハ204-1104。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線大川支線大川(おおかわ:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



JR東日本クモハ204-1105。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハ204-1105。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本クモハ204-1107他3連。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線海芝浦支線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅=新芝浦(しんしばうら:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハ204-1107他3連。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線海芝浦支線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅=新芝浦(しんしばうら:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



JR東日本クモハ204-1108。2009年(平成21年)3月、JR鶴見線鶴見小野(つるみおの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハ204-1108。2009年(平成21年)3月、JR鶴見線鶴見小野(つるみおの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



クハ205型1100番代車

June 7, 2008.

クハ205型1100番代車は下り方(扇町・大川・海芝浦方)に連結されるクハで、サハ205からの改造車です。車番は反対側のクモハ204-1100と揃います。

JR東日本クハ205-1103。2008年(平成20年)6月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-1103。2008年(平成20年)6月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-1104。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線大川支線大川(おおかわ:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-1104。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線大川支線大川(おおかわ:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-1105。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-1105。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-1108他3連。2009年(平成21年)3月、JR鶴見線鶴見小野(つるみおの:神奈川県横浜市鶴見区)駅=国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-1108。2009年(平成21年)3月、JR鶴見線鶴見小野(つるみおの:神奈川県横浜市鶴見区)駅=国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



モハ205型0番代車

July 1, 2020.

これ以下オマケ的ですが、0番代のモハ205の写真をお目に掛けます。鶴見線用の205系1100番代車は、改造されて1100番代になっているのは編成両端のクハ・クモハだけで、中間に入るモハ205は山手線で使用されていた0番代当時のままで、改番もされていません。車番は他の車輛とは揃っていませんが、クモハ204-1100になった車輛とユニットを組んでいた車輛がそのまま使用されています。鶴見線の205系の内、パンタグラフが取り付けられているのは以下に写真をお目に掛けるモハ205型0番代車のみで、ユニットを組むクモハ204型1100番代車寄り(鶴見寄り)に1基のみ設置されます。

JR東日本モハ205-26。2009年(平成21年)11月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-26。2009年(平成17年)11月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-38。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-38。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁