南武支線用205系1000番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

この内の、1000番代車はJR東日本独自の車輛で、南武支線用(尻手=浜川崎)用に中間車を先頭車化改造した車輛です。2連編成を組むためにクモハ同士を背中併せにした全M編成となっていますが、これは当初から中間電動車のモハ同士のユニットから改造したからそのようになっているようです。

編成は浜川崎方がパンタ付きのクモハ205でモハ205からの改造、尻手方がパンタ無しのクモハ204でモハ204からの改造です。ワンマン運転対応車ですが、整理券発行機などの設備はありません。この路線で駅員無配置なのは終点の浜川崎だけで、尻手と川崎新町は駅員氏が居るし、八丁畷は京急の駅に間借りしていてそちらの駅員氏が居るから、と言うことのようで、所謂「都市型ワンマン運転」が行われており、運転士氏が運賃収受を行うことはありません。

205系の1000番代自体はJR西日本も所有しているのですが、JR西にはクモハが皆無、JR東はクモハのみ、と言うことで車番の重複はありません。うまく出来てますな。

2連で運転されていると言う点ではクモハ11+クハ16の時代と大差はありませんが、17m車時代の2連の南武支線用編成は本線の増結編成を兼ねていたのに対し、現状では南武線の本線で4連の編成はありませんから、増結用を兼ねるような運用は一切なくて、あくまでも浜川崎支線専用です。将来的に南武線の本線が8連化されるようなことがあれば浜川崎支線用の編成=本線の増結用編成と言うことに、、、なならないようです。



JR205系1000番代車。2002年(平成14年)10月、JR南武支線川崎新町(かわさきしんまち:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道205系1000番代車。2002年(平成14年)10月、JR南武支線川崎新町(かわさきしんまち:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁