JR東日本205系0番代車について

July 1, 2020.

JR東日本・JR西日本の205系電車は、国鉄時代最末期の1981年(昭和56年)から量産されたステンレス車体の通勤用電車です。国鉄分割民営化後も製造されており、この系列全体としてはJR化後に製造された車輛の方が多くなっています。

これらの内の205系0番代車は、最初期に山手線用に製造された車輛を出自とするものです。車番が100を越えた以降の車輛は、乗客用扉の天地方向の寸法が大きいようです。私はJRには思い入れが希薄なので、この程度の違いしか判りません(要するに、どの車輛を見てもすべて同じに見えます)。

205系0番代車は0番代車同士で編成を組んでいますが、他番代の車輛と編成を組んでいる例も多いです。例えば、鶴見線用の1100番代車南武線用の1200番代車は両先頭車だけしかない番代区分なので、中間車は全て0番代車です。その一方で武蔵野線用の5000番代車は中間電動車不足を補う為に小細工?をして出力強化した番代なのでクハやサハが無いために0番代のクハ・サハと組み合わせて使用されています。

その一方で相模線用の500番代車日光線・東北本線用の600番代車などの中間車は、何処からどう見ても0番代車にしか見えませんが、それぞれ500番代・600番代として別番代に区分されています。この辺りの事情は判然としませんが、「205系」を名乗っている車輛同士であればどれも大差はなくて、細かいことを気にしなければ適宜混結して一緒に走らせることは十分可能、と言う程度の相違しかないと言う事のようです。



クハ204クハ205モハ204モハ205サハ204サハ205



クハ204

June 8, 2012.

JR東日本クハ204はいわゆる偶数向きのクハです。南武線では立川向き、武蔵野線では府中本町向きとなります。従って、府中本町駅で南武線の編成と武蔵野線の編成が並ぶと、クハ204同士が向かい合うような状態になります。1本の編成の中では反対側は必ずクハ205になるので、クハ205同士も向かい合うようになります。

JR東日本クハ204-32。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-32。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



JR東日本クハ204-61。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-61。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本クハ204-65。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-65。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本クハ204-124。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-124。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。



JR東日本クハ204-130。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵中原(むさしなかはら:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-130。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵中原(むさしなかはら:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。南武線用の205系と言うと丸妻の1200番代車が目立ちますが、アレは南武線に転用する際にクハが不足するので改造されたものです。編成によってはこの写真のクハ204-130のように改造せずに単純に6連化しただけで転属して来た車輛もあります。



JR東日本クハ204-147。2012年(平成24年)6月、JR東日本武蔵野線東浦和(ひがしうらわ:埼玉県さいたま市緑区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-147。2012年(平成24年)6月、JR東日本武蔵野線東浦和(ひがしうらわ:埼玉県さいたま市緑区)駅付近にて撮影。

京葉線から転属してきた車輛で、0番代車ながら正面の表情が独特です。この写真の車輛はクハ204ですが、同じ編成の反対側には同一車番のクハ205が連結されています。この形状のクハが連結されている編成は6M2Tが組めるだけの輛数の電動車は確保できているからなのか、中間に入る電動車は5000番代ではなく、普通の0番代の電動車です。結果的にサハ205は連結されない、と言うことになります。



JR東日本クハ204-148。2012年(平成24年)6月、JR東日本武蔵野線東浦和(ひがしうらわ:埼玉県さいたま市緑区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ204-148。2012年(平成24年)6月、JR東日本武蔵野線東浦和(ひがしうらわ:埼玉県さいたま市緑区)駅付近にて撮影。この車輛も京葉線からの転属組です。



クハ205

June 8, 2012.

JR東日本クハ205はいわゆる奇数向きのクハです。1本の編成の中では、必ずクハ204の反対側に連結されます。

JR東日本クハ205-1。2003年(平成15年)4月、JR東日本山手線鶯谷(うぐいすだに:東京都台東区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-1。2003年(平成15年)4月、JR東日本山手線鶯谷(うぐいすだに:東京都台東区)駅にて撮影。

本当に最初期の編成で、数編成のみが2段窓になっています。途中から1段下降窓になってやがては209系やE231系へと発展して行くようです。国鉄風の車輛としては最末期の車輛と言うことですね。但し、2段窓なのは最初に製造された4扉車の方だけで、同じ編成の中でも後に増結された6扉車などは1段下降窓になっています。



JR東日本クハ205-24。2003年(平成15年)9月、JR東日本南武線武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-24。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-32。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-32。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-61。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-61。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-65。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-65。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-102。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-102。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。



JR東日本クハ205-133。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-133。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



JR東日本クハ205-149。2012年(平成24年)7月、JR東日本武蔵野線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハ205-149。2012年(平成24年)7月、JR東日本武蔵野線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。



モハ204

June 8, 2012.

中間電動車、M2車です。後述のモハ205とは異なりパンタグラフはありません。車体形状そのものはサハ205と同等です。

JR東日本モハ204-91。2012年(平成24年)5月、南武鉄道矢向電車区にて撮影。
JR東日本モハ204-91。2012年(平成24年)5月、南武鉄道矢向電車区にて撮影。



JR東日本モハ204-181。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
JR東日本モハ204-181。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-190。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
JR東日本モハ204-190。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-272。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線宿河原(しゅくがわら:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。
JR東日本モハ204-272。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線宿河原(しゅくがわら:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-287。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。
JR東日本モハ204-287。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。



JR東日本モハ204-401。2012年(平成24年)6月、JR東日本武蔵野線東浦和(ひがしうらわ:埼玉県さいたま市緑区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-401。2012年(平成24年)6月、JR東日本武蔵野線東浦和(ひがしうらわ:埼玉県さいたま市緑区)駅付近にて撮影。



JR東日本モハ204-404。2012年(平成24年)7月、JR東日本京葉線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ204-404。2012年(平成24年)7月、JR東日本京葉線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。



モハ205

June 8, 2012.

パンタグラフ付の中間電動車で、M1車です。パンタグラフは1基のみで、ユニットを組むモハ204・クモハ204寄りに設置されています。

JR東日本モハ205-26。2009年(平成21年)11月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-26。2009年(平成17年)11月、JR鶴見線浅野(あさの:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-38。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-38。2005年(平成17年)4月、JR鶴見線国道(こくどう:神奈川県横浜市鶴見区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-66。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-66。2012年(平成24年)5月、JR東日本南武線尻手(しって:神奈川県川崎市幸区)駅=矢向(やこう:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



JR東日本モハ205-91。2012年(平成24年)5月、南武鉄道矢向電車区にて撮影。
JR東日本モハ205-91。2012年(平成24年)5月、南武鉄道矢向電車区にて撮影。



JR東日本モハ205-173。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線大川支線大川(おおかわ:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-173。2009年(平成21年)6月、JR鶴見線大川支線大川(おおかわ:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。この車輛はクハ205-1104とクモハ204-1104の中間に連結されています。



JR東日本モハ205-184。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
JR東日本モハ205-184。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-288。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。
JR東日本モハ205-288。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-355。2012年(平成24年)5月、JR南武線武蔵中原(むさしなかはら:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-355。2012年(平成24年)5月、JR南武線武蔵中原(むさしなかはら:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



JR東日本モハ205-404。2012年(平成24年)7月、JR東日本京葉線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハ205-404。2012年(平成24年)7月、JR東日本京葉線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。



サハ204

June 8, 2012.

後述のサハ205の増備車と言う位置づけなんだとは思いますが、車体形状は大幅に変更されて6扉車です。戸袋に相当する場所が増え過ぎて戸締装置の設置場所のために追い出されてしまったのか、客室の窓の内の1か所の天地方向を切り詰めて方向幕を設置しています。なんと言うか、最近の路線バスのような処理の仕方です。反面、座席を収納して使えなくした状態での使用時間が長くなるからなのか、客室の窓の天地寸法が他の型式に比べて背が高く(上下方向に長く)なっています。

JR東日本サハ204-31。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ204-31。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。



JR東日本サハ204-44。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ204-44。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。



JR東日本サハ204-101。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ204-101。2014年(平成26年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本サハ204-126。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ204-126。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



サハ205

June 8, 2012.

付随車です。パンタグラフは無いため、車体形状はモハ204と同等です。配置転換に伴いサハを含まない編成が増えていること、6扉車のサハ204がかなり増備されたこと、クハ化改造がされている車輛がかなりあることもあって、比較的少数派です。

JR東日本サハ205-63。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ205-63。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



JR東日本サハ205-133。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ205-133。2012年(平成24年)6月、JR東日本横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本サハ205-150。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ205-150。2012年(平成24年)5月、JR東日本武蔵野線府中本町(ふちゅうほんまち:東京都府中市)駅にて撮影。



JR東日本サハ205-174。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハ205-174。2012年(平成24年)6月、JR東日本埼京線大崎(おおさき:東京都品川区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁