E233系について

Aug 3, 2012.

E231系に続くJR東日本の標準的な電車で、E231系で置き換え仕切らなかった?201系や211系などの代替としての位置づけも持つようです。近郊用の3000番代の付属編成を除けば、MT比は必ずM車の方が高くなります。原則として6M4Tとなるように編成が組まれるようで、そのせいもあってサハはかなりの少数派です。10連貫通編成の場合は原則としてサハが2輛連結されるのですが、近郊用3000番代はサロが2輛連結されているためにサハは無しです。反面、3000番代の付属編成の5連ではM車の比率が低くなることは諦めたのかサハが1輛連結されています。中央線用の0番代や京葉線用の5000番代などで6+4の10連となる編成では、サハは一切連結されていません。



0番代:中央線・青梅線・五日市線用

Aug 3, 2012.

JR東日本E233系0番代車。2012年(平成24年)7月、JR中央線神田(かんだ)駅にて撮影。
中央線・青梅線・五日市線用の通勤型車輛で、10連貫通編成と6+4分割編成の2種類の編成があります。



JR東日本クハE233-50。2007年(平成19年)10月、JR青梅線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE233-50。2007年(平成19年)10月、JR青梅線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。この車輛は東京方向きの制御付随車です。



JR東日本クハE233-513。2007年(平成19年)10月、JR青梅線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE233-513。2007年(平成19年)10月、JR青梅線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。この車輛も東京方向きの制御付随車ですが、6+4連分割編成の4連の方に使用される500番代の車輛です。6連編成の方は0番代車が使用されます。



JR東日本モハE233-613。2007年(平成19年)10月、JR青梅線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE233-613。2007年(平成19年)10月、JR青梅線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。6+4連分割編成の4連の方に使用される600番代の車輛です。予備パンタを装備しているので2丁パンタとなります。



1000番代:京浜東北線用

Aug 3, 2012.

JR東日本E233系1000番代車は京浜東北線用の通勤型車輛で10連貫通編成のみです。広幅車体となっているために多少は輸送力に余裕が出来たとかで、流石の京浜東北線と言えども6扉車が連結されていません。

JR東日本クハE233-1014。2018年(平成30年)10月、JR京浜東北線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=鶴見(つるみ:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はJR東日本クハE233-1014。2018年(平成30年)10月、JR京浜東北線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=鶴見(つるみ:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



JR東日本モハE232-1454。2018年(平成30年)10月、JR京浜東北線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=鶴見(つるみ:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はJR東日本モハE232-1454。2018年(平成30年)10月、JR京浜東北線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=鶴見(つるみ:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



JR東日本モハE233-1454。2018年(平成30年)10月、JR京浜東北線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=鶴見(つるみ:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はJR東日本モハE233-1454。2018年(平成30年)10月、JR京浜東北線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=鶴見(つるみ:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。



2000番代:常磐緩行線・千代田線乗り入れ用

Aug 3, 2012.

JR東日本E233系2000番代車。2012年(平成24年)7月、JR常磐線我孫子(あびこ:千葉県我孫子市)駅にて撮影。
常磐緩行線から東京メトロ千代田線に乗り入れするための通勤型車輛で、他番代が車体幅2950mmだったかであるのに対して、2000番代のみは2800mmを僅かに切る狭幅(普通幅?)車体となっています。



3000番代:近郊用

June 1, 2017.

3000番代のみは近郊型で、編成中にセミクロスシートの車輛を連結しています。MT比は基本10連が6M4T、付属5連が2M3Tです。基本10連は貫通編成ですが、中間にサハは連結されずに2階建てサロが2輛連結されます。両端は制御付随車ですが、中間付随車は10連基本編成は2階建てサロのみ、5連付属編成はサハのみです。E233系でサロがあるのは3000番代のみ、その中でも10連基本編成のみです。

JR東日本クハE232-3002。2017年(平成29年)5月、JR東海道本線平塚(ひらつか:神奈川県平塚市)駅=茅ヶ崎(ちがさき:神奈川県茅ヶ崎市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-3002。2017年(平成29年)5月、JR東海道本線平塚(ひらつか:神奈川県平塚市)駅=茅ヶ崎(ちがさき:神奈川県茅ヶ崎市)駅間にて撮影。



JR東日本クハE233-3509。2019年(令和元年)7月、JR高崎線熊谷(くまがや:埼玉県熊谷市)駅=籠原(かごはら:埼玉県熊谷市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE233-3509。2019年(令和元年)7月、JR高崎線熊谷(くまがや:埼玉県熊谷市)駅=籠原(かごはら:埼玉県熊谷市)駅間にて撮影。大雑把ですが、秩父鉄道の上熊谷駅前の踏切で撮影したものです。半逆光のロクでもない写真ですが、順光になる場所に移動していると秩父鉄道の列車の撮影の支障になるので(移動している間に秩父の列車が入って来てしまう可能性がある)ので、JR東の車輛の撮影を犠牲にしました。



JR東日本サロE232-3002。2017年(平成29年)5月、JR東海道本線平塚(ひらつか:神奈川県平塚市)駅=茅ヶ崎(ちがさき:神奈川県茅ヶ崎市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サロE232-3002。2017年(平成29年)5月、JR東海道本線平塚(ひらつか:神奈川県平塚市)駅=茅ヶ崎(ちがさき:神奈川県茅ヶ崎市)駅間にて撮影。10連基本編成に2輛連結されるサロの内の熱海方に4号車として連結される車輛です。



JR東日本サロE233-3014。2017年(平成29年)5月、JR東海道本線平塚(ひらつか:神奈川県平塚市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サロE233-3014。2017年(平成29年)5月、JR東海道本線平塚(ひらつか:神奈川県平塚市)駅付近にて撮影。10連基本編成に2輛連結されるサロの内の黒磯・高崎方に5号車として連結される車輛です。



JR東日本モハE232-3814。2018年(平成30年)10月、JR東海道本線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=横浜(よこはま:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はJR東日本モハE232-3814。2018年(平成30年)10月、JR東海道本線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=横浜(よこはま:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。扉間の窓に縦桟が1本のみ入っている車輛はロングシート車です。



JR東日本モハE233-3214。2018年(平成30年)10月、JR東海道本線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=横浜(よこはま:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はJR東日本モハE233-3214。2018年(平成30年)10月、JR東海道本線川崎(かわさき:神奈川県川崎市川崎区)駅=横浜(よこはま:神奈川県横浜市鶴見区)駅間にて撮影。扉間の窓に縦桟が2本入っている車輛はセミクロスシート車です。



5000番代:京葉線用

Aug 3, 2012.

京葉線用の通勤型車輛で、10連貫通編成と6+4分割編成の2種類の編成があります。6+4分割編成の場合は編成中間にクハ(=付随車)が2輛並ぶ箇所があるわけですが、10連貫通編成の場合は、単純にこの箇所に2輛のサハE233に置き換わります。

JR東日本E233系5000番代車。2012年(平成24年)7月、JR京葉線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道E233系5000番代車。2012年(平成24年)7月、JR京葉線南船橋(みなみふなばし:千葉県船橋市)駅にて撮影。



JR東日本クハE232-5010。2013年(平成25年)8月、JR京葉線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-5010。2013年(平成25年)8月、JR京葉線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



JR東日本クハE233-5016。2017年(平成29年)4月、JR外房線八積(やつみ:千葉県長生郡長生村)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE233-5016。2017年(平成29年)4月、JR外房線八積(やつみ:千葉県長生郡長生村)駅にて撮影。



JR東日本モハE233-5416。2017年(平成29年)4月、JR外房線八積(やつみ:千葉県長生郡長生村)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE233-5416。2017年(平成29年)4月、JR外房線八積(やつみ:千葉県長生郡長生村)駅にて撮影。



JR東日本サハE233-5011。2013年(平成25年)8月、JR京葉線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE233-5011。2013年(平成25年)8月、JR京葉線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



6000番代:横浜線用

July 1, 2014.

横浜線用の車輛で、4M4Tの8連です。同じ横浜線用の車輛であっても205系時代とは異なり、6扉車は連結されていません。E231系も同様ですが、車体の幅が広がった分だけ輸送力が向上しているから、のようです。なによりも、6扉車が混在してしまうとホームドアとかが設置しにくくなってしまうからなのかも。



JR東日本クハE232-6003他8連。2014年(平成26年)6月、JR横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-6003他8連。2014年(平成26年)6月、JR横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本クハE232-6018。2017年(平成29年)5月、JR横浜線小机(こづくえ:神奈川県横浜市港北区)駅=鴨居(かもい:神奈川県横浜市緑区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-6018。2017年(平成29年)5月、JR横浜線小机(こづくえ:神奈川県横浜市港北区)駅=鴨居(かもい:神奈川県横浜市緑区)駅間にて撮影。



JR東日本クハE233-6003。2014年(平成26年)6月、JR横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE233-6003。2014年(平成26年)6月、JR横浜線中山(なかやま:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。



JR東日本サハE233-6221。2017年(平成29年)5月、JR横浜線新横浜(しんよこはま:神奈川県横浜市港北区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE233-6221。2017年(平成29年)5月、JR横浜線新横浜(しんよこはま:神奈川県横浜市港北区)駅付近にて撮影。



JR東日本モハE233-6221。2017年(平成29年)5月、JR横浜線小机(こづくえ:神奈川県横浜市港北区)駅=鴨居(かもい:神奈川県横浜市緑区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE233-6221。2017年(平成29年)5月、JR横浜線小机(こづくえ:神奈川県横浜市港北区)駅=鴨居(かもい:神奈川県横浜市緑区)駅間にて撮影。



横浜線用E233系6000番代車の車体側面ロゴ。2014年(平成26年)6月撮影。
横浜線用E233系6000番代車の車体側面ロゴです。2014年(平成26年)6月撮影。



7000番代:埼京線用

Sept 1, 2013.

埼京線用の車輛で、6M4Tの10連です。



8000番代:南武線用

Jan 1, 2019.

南武線用の車輛で、4M2Tの6連です。実態としては中央線用0番代車の基本編成の6連と大差ありません。尤も、こちらの6連にはグリーン車を増結する予定はありませんし、普通車にトイレが設置される可能性も無さそうです。

JR東日本E233系8000番代車。2016年(平成28年)2月、JR南武線中野島(なかのしま:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道E233系8000番代車。2016年(平成28年)2月、JR南武線中野島(なかのしま:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。



JR東日本クハE232-8003。2021年(令和3年)3月、JR南武線登戸(のぼりと:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-8003。2021年(令和3年)3月、JR南武線登戸(のぼりと:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。クハE232は下り向き(=立川向き)の制御付随車です。側面の帯にイラストが描かれていますが両先頭車だけでして、中間車にはイラストは入りません。



JR東日本クハE232-8020。2016年(平成28年)2月、JR南武線中原(なかはら:神奈川県川崎市中原区)電車区にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-8020。2016年(平成28年)2月、JR南武線中原(なかはら:神奈川県川崎市中原区)電車区にて撮影。所在地は武蔵中原駅の隣ですが、部署名はあくまでも「中原電車区」であって、「武蔵中原電車区」ではないようです。



JR東日本クハE233-8009。2021年(令和3年)3月、JR南武線登戸(のぼりと:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE232-8003。2021年(令和3年)3月、JR南武線登戸(のぼりと:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。クハE233は上り向き(=川崎・浜川崎向き)の制御付随車です。この車輛も反対向きのクハE232と同様に、側面の帯にイラストが描かれています。判然としませんが、この車輛は快速運用中です。



JR東日本モハE232-8231。2018年(平成30年)12月、JR南武線武蔵溝の口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE232-8031。2018年(平成30年)12月、JR南武線武蔵溝の口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。パンタグラフ付きの中間電動車で、シングルアームパンタグラフを1基のみ、下り方(立川方)に装備しています。



JR東日本モハE232-8031。2018年(平成30年)12月、JR南武線武蔵溝の口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE232-8031。2018年(平成30年)12月、JR南武線武蔵溝の口(むさしみぞのくち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。この辺りは西側から武蔵溝ノ口、武蔵新城、武蔵中原、武蔵小杉、、、と「武蔵」を冠した駅名が連続します。「武州**」としない辺りが南武鉄道流です。



E233系の車内

Sept 1, 2013.

JR東日本E233系1000番代車の車内。2013年(平成25年)撮影。
京浜東北線用の1000番代車(サハE233)の車内です。意匠は悪く無いんですが、吊り手が真っ黒なので、些か異様な印象を受けます。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁