キハE130系について

Feb 2, 2013.

JR東日本のキハE130系はハイブリッド車とかではなく、正統的かつ純粋な強馬力気動車です。元来は水郡線で使用していたキハ100系が2扉クロスシート車であるために水戸口での遅延が常態化していたので3扉セミクロスシートのキハE130系に置き換えてキハ100系を地方線区に転属させ、各地に残存している老朽化した国鉄時代からの気動車を置き換えると言う前提で製造された車輛です。

2007年(平成19年)に水郡線用の0番代車3型式が13輛づつ製造され、後に久留里線用のキハE130-100番代車が2012年(平成24年)に10輛製造され、合計で49輛が現在の布陣です。エンジンは450馬力のDMF15HZエンジンを各車1基づつ搭載しています、、、DMF云々と言うのはJRが勝手に命名した型番であって、コマツ製のSA6D140HE-2エンジンです。えちごトキめき鉄道のET122型やJR西日本のキハ127系が使用しているのと同じエンジンです。全長20000mm、全幅2920mmの広幅車体です。



JR東日本キハE130系
車内がセミクロスシートであると言う点を除けば、キハE130系自体はキハ30系と車輛の性格も良く似ているように思います。強いて言えば、キハ30系は大都市近郊の通勤用として長編成での運転を前提に導入したにも拘らず全部の車輛に運転台が設置されていた思い切りの悪さがあったのに対し、キハE130系の方は既に目ぼしい大都市近郊は電化されていてお呼びではないので、あくまでも田舎専用に徹しているので躊躇うことなく全部の車輛が運転台を持っていて、洗面所の装備比率も高いです。

車体形状は、登場順序としては少々逆になりますが蓄電池動車のEV-E301系を広幅車体にしたような形状です。正面が単なるブツ切りの切妻と言う点では少々不愛想?ですが、醜悪なレベルに成り下がっていない点は流石です。なんと言うか、結構悪くない意匠だと思います。側面は少々野暮ったいですけど、、、。

要するに水郡線は2扉車では持て余してしまう程度に混雑すると言う事のようですが、それだったら未だにキハ100系を使い続けている磐越東線は兎も角も、八高線には混雑やラッシュは無いのかよ、と思うのですが、、、。

車種構成は次の通りです。なんと言うか、基本的には両運転台車が1型式と、片運転台車が2型式、合計で3型式しかないと言う点でも国鉄時代のキハ30系のような車種構成です。但し、暖地用と寒地用と言った区別が無いのは使用する路線が限定されているからであって、もしかしたら久留里線用の車輛は全て暖地用で、水郡線用の車輛は全て寒地用なのかも知れませんな。





番台に拠る相違を除けばこの3車種だけですが、拡大解釈?すればキハE120型キハE130の0番代(水郡線用・両運セミクロスシートで洗面所付)を2扉化しただけとも言えるので、仲間に入れてしまっても特に不都合な点は無いようです。

キハE130系は最大で8連まで総括制御できる上に、キハ100系とも併結できるようです。それならばキハE120と併結しても大丈夫じゃないかと思うのですが、どうかな?。片運のキハE131とキハE132が背中合わせで使用するのが前提であることは当たり前ですが、8輛も総括制御できるのであれば閑散ローカル線で使用する分には特に制約らしい制約は無いようです。どの車輛も貫通ホロの装着方向が片側だけなので、単純に方向転換しちゃったのでは途方も無く使い難くなると思います。要は、、、



  • キハE130は片側にのみ貫通ホロがある(郡山・上総亀山方)。
  • キハE131は運転台側に貫通ホロがない。
  • キハE132は運転台側に貫通ホロがある(郡山方)。


と言う状態になっているからで、キハE131同士を向い合せにするとか、キハE132同士を向い合せにするとか言った連結の仕方は、、、やって出来なくはないんですけど、面倒でしょうなぁ。そのような訳で、固定編成ではないけれど編成の組み方は相応に制約はあるようです。

実際に併結してアイドリング状態にしてみると、例えば3連を組む場合、キハE130でスロットルを開けると、連結相手のキハE131+キハE132の方は一瞬遅れてスロットルが開くようです。但し、連結相手のキハE131+キハE132の方は揃って遅れるようです。この辺りは排気ガスの出方を見ていると判るんですが、同調精度?は100%とは言わないまでも、95%程度までは同調するんでしょうか。



キハE130の0番代

Feb 2, 2013.

キハE130は洗面所付き、両運転台、セミクロスシート装備の車輛です。洗面所の設置位置は郡山方で、この辺りの位置関係はキハE131も同様です。両運転台なのでキハE131+キハE132の編成の増結に使用されることもありますが、その場合は水戸方に連結されることもあれば、郡山方に連結されることもあります。私が目撃した運用では、水戸発・郡山行きの3連の一番水戸方に連結されていたキハE130が常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅で切り離されて、暫くしたら郡山発・水戸行の2連の郡山方に常陸大子で増結されて3連になって走って行った、、、なんてものがありました。貫通ホロは郡山方にのみ装備されています。



JR東日本キハE130-9。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-9。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



JR東日本キハE130-9。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-9。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



JR東日本キハE130-13。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-13。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



キハE130の100番代

Feb 1, 2013.

久留里線で使用されていたキハ30系の置換用として2012年(平成24年)に導入された車輛です。同じキハE130であっても水郡線用の0番代車とは異なり、車内はロングシートで洗面所はありません。「洗面所付きの車輛と併結するから」と言う理由ではなくて、単純に久留里線の車輛には洗面所は設置しないと言う事のようです。100番代車は全部で10輛製造されていますが、10輛全部が久留里線で使用されています。貫通ホロは上総亀山方の運転台妻面にのみ装備されています。



JR東日本キハE130-102。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-102。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本キハE130-102。2016年(平成28年)6月、JR久留里線小櫃(おびつ:千葉県君津市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-102。2016年(平成28年)6月、JR久留里線小櫃(おびつ:千葉県君津市)駅付近にて撮影。



JR東日本キハE130-103。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-103。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。この写真は、久留里線走行時に海側となる側面を、上総亀山方から撮影しています。こちら側の妻面には貫通ホロがあります。



JR東日本キハE130-103。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-103。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。この写真は、久留里線走行時に山側となる側面を、木更津方から撮影しています。こちら側の妻面には貫通ホロはありません。



JR東日本キハE130-103。2016年(平成28年)6月、JR久留里線下郡(しもごおり:千葉県君津市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-103。2016年(平成28年)6月、JR久留里線下郡(しもごおり:千葉県君津市)駅付近にて撮影。



JR東日本キハE130-108。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-108。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本キハE130-109。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-109。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本キハE130-110。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE130-110。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



キハE131

Feb 1, 2013.

キハE131は洗面所付き、片運転台、セミクロスシート装備の車輛です。洗面所の設置位置は郡山方で、この辺りの位置関係はキハE130の0番代も同様です。片運転台なので必ずキハE132との組み合わせで使用されますが、この車輛は水戸方(水戸向き)に連結されます。運転台妻面に貫通ホロは装備されません。



JR東日本キハE131-10。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE131-10。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



JR東日本キハE131-13。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE131-13。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



キハE132

Feb 1, 2013.

キハE132は洗面所無し、片運転台、セミクロスシート装備の車輛です。片運転台なので必ずキハE131との組み合わせで使用されますが、この車輛は郡山方(郡山向き)に連結されます。運転台妻面に貫通ホロが装備されています。



JR東日本キハE132-5。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE132-5。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



JR東日本キハE132-7。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE132-7。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



JR東日本キハE132-10。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道キハE132-10。2012年(平成25年)1月、JR水郡線常陸大子(ひたちだいご:茨城県久慈郡大子町)駅にて撮影。



キハE130系の各部

June 1, 2021.

JR東日本DT74A台車。2012年(平成25年)1月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
キハE130系の履くDT74A台車です。久留里線のキハE130の場合は、木更津寄りに穿かせてある台車です。この写真はキハE130-103が穿いているモノを撮影しました。



JR東日本TR259A台車。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
キハE130系の履くTR259A台車です。久留里線のキハE130の場合は、上総亀山寄りに穿かせてある台車です。この写真はキハE130-103が穿いているモノを撮影しました。



キハE130の連結器周辺。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
キハE130の連結器周辺です。銘板が、少々面白い場所に取り付けてあります。この車輛は2021年(平成25年)に新潟トランシスで製造されたキハE130-103です。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



キハE130の運転台上部。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
キハE130の運転台上部、なにかのアンテナとか、警笛などでしょうか?。この車輛は2021年(平成25年)に新潟トランシスで製造されたキハE130-103です。2021年(令和3年)6月、JR久留里線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本キハE130-100番代車の車内。2012年(平成25年)1月撮影。
キハE130-100番代の車内です。シートの座面の布地の色が濃灰色になっている個所はシルバーシートだと思いますが、0番代車だったら洗面所になっている辺りですね。この写真は久留里線走行時に上総亀山方になる運転台の方を向いて撮影しています。



JR東日本キハE130-100番代車の運転台。2012年(平成25年)1月撮影。
キハE130-100番代の運転台です。



JR東日本キハE130-100番代車の運転台。2012年(平成25年)1月撮影。
この写真もキハE130-100番代の運転台、と言うか、運転台同士を突合せにして貫通させている状態の写真です。久留里線走行時に木更津方になる運転台の辺りを撮影しています。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁