デハ230型とクハ30型

March 6, 2004.

上毛電気鉄道デハ230型・クハ30型は西武鉄道の車輛を譲り受けた車輛で、塗り替えせずに使用していたために、東武鉄道系の上毛電気鉄道の線路を西武鉄道の電車が西武色のままで走りまわると言う珍現象が発生していたことで有名になった車輛です。



上毛電気鉄道クハ37他。1986年(昭和61年)1月、上毛電気鉄道大胡(おおご:群馬県勢多郡大胡町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は上毛電気鉄道クハ37他。1986年(昭和61年)1月、上毛電気鉄道大胡(おおご:群馬県勢多郡大胡町)駅にて撮影。



デハ230型の出自は西武鉄道のクモハ351型で、湘南顔の17m車です。クハ30型の出自は同じく西武のクハ1411型で正面3枚窓の20m車です。従って、見掛けは全くの不揃いです。クモハだけ買って来て背中併せにして片方は電装解除して使えば宜しかろう、、、と思うのは素人考えでしょうか。

使用期間はかなり短く1977年(昭和52年)から1980年(昭和55年)に掛けて導入し、最終的に全廃となったのは1990年(平成2年)のことです。