国鉄EF14・EF52・EF53・EF54・EF59

国鉄EF14・EF52・EF53・EF54・EF59と言った一連の電気機関車は戦前を代表する旅客用のEF機で、車軸配置は2C+C2です。ED16のEF化版ですが、こちらの方が少々先行していて、1928年(昭和3年)から製造されています。

これに対してED16の方は1931年(昭和6年)からの製造です。EF50とED17、EF51とED19、EF60とED60、のような関係と言えましょうか。デッキが長く堂々たる外観の車輛です。基本的にはEF52とEF53の2形式で合計28輛が製造され、EF14、EF54、EF59と言うのは改造・改称による派生形式です。

屋根の先端が飛び出して庇のようになった外観の車体はこの時期の車輛に共通の特徴で、貨物用機のEF10・EF11などでもどうようです。



  • 基本となるEF52は1928年(昭和3年)から1931年(昭和6年)に掛けて9輛が製造されます。
  • EF53はEF52の高速化版として1932年(昭和7年)から1934年(昭和9年)に掛けて19輛が製造されます。
  • 実はEF52の最後の2輛はギア比がEF53並みだったために、1932年(昭和7年)にEF54と改称されます。この2輛は1944年(昭和19年)から1945年(昭和20年)に掛けて、ギア比を大きくして(=足を遅くして)入換用のEF14に改造されます。
  • EF53は1963年(昭和38年)から1965年(昭和40年)に掛けて、全車がEF59に改造されます。この車輛は山陽本線の瀬野=八本松間の補機用で、EF56から改造されてEF59となった車輛もあります。


  • それにしても、こんな長大な車輛で入れ換えしようなんてよくも思いついたもので、一部を電装解除してEDとかEC程度にしてローカル線に、、、入らないな(汗)。



    EF532。2008年(平成20年)12月、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。
    上の写真の車輛はEF532。2008年(平成20年)12月、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。



    EF591(EF538)。2008年(平成20年)12月、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。
    上の写真の車輛はEF591(EF538)。2008年(平成20年)12月、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)にて撮影。EF53から山陽本線の瀬野=八本松間の補機用に改造された車輛です。外観はEF53時代のままです。