鉄道省ED17

Sept 1, 2016.

ED17 electric locomotives, manufactured by English Electric, between 1923 and 1925.



鉄道省ED17型はEE(イングリシュ・エレクトリック)製のB-B箱型車体の機関車で、製造時期は1923年(大正13年)から1925年(大正15年)に掛けてです。時期としては些か微妙な処ですが、鉄道院は1920年(大正9年)に鉄道省に昇格?していますので、この車輛は鉄道院籍には入っていません。当初は主に旅客用に使用されていた機関車ですが、1928年(昭和3年)の大改番を経て、大東亜戦争(第2次世界大戦)前後にギヤ比を大きくする改造して貨物機化し、この時にED17型になっています。

ED17は車体形状の異なる車輛が含まれていますが、、、要するにEE製のB-B箱型機関車の壮大な寄せ集め所帯です。電化初期に鉄道省が多種多様な電気機関車を諸外国からサンプル的に買い付けていますが、基本的にはその一環です。従って輸入当初は全く違う形式だった車輛であっても、最終手には「EE製のB-B箱型機関車」と言う属性に該当すれば、基本的には全部ED17になってしまっています。

同じ輸入サンプル機であっても外観、機能、性能に大差が無いにも拘らずED11ED14が別形式になっていることを考えると、ED17の方だけが十把一絡げ的になっている点は違和感を感じますが、、、恐らくはED11、ED14を真面目に別形式にしては見たけれど、同じ調子でやっているキリが無いとか、その程度のどうでも良いような理由で全部まとめてED17にされちゃっただけなんだろうと思います。



1040→ED50→ED171~ED1717
デッキ無し、ED17としては最も標準的な外観の車輛。

6000→ED52→ED1719~ED1723
デッキ無し、関東大震災で被災しなかった車輛。

6000→ED51→ED1724・ED1725・ED1726
デッキ付き、陸揚中に関東大震災のために海没してしまった車輛の代替車。

1030→ED13→ED1727・ED1728
デッキ無し、ED17としては少々屋根が深くて丸っこい車輛。



ED17となった機関車は重量60t弱、出力840kWと言う点は全て共通で、亜幹線やローカル線の貨物輸送用には適当な車輛ではなかったかと思います。生憎ながら重量が60t近くともなると私鉄で使うには重過ぎるからなのか、払い下げられて残った車輛は無いようです。現時点で貨物営業が盛業中の民鉄であっても主力は電気機関車では45t機とか50t機です。ディーゼル機関車の55t機を使っているのは「**臨海鉄道」と言うような国鉄の延長線上にあるような鉄道ばかりですから、普通の民鉄では払い下げても荷が重いと言う事になるでしょう。

「荷が重い」と言うよりは「自重が重い」と言う方が正解かも知れませんが、実の処、流石の鉄道省の機関車でも60t級の機関車がED機としては最大だった筈です。EE製の輸入機関車に関して言えば、これよりも大きい(重い)車輛は急客用で2CC2軸配置を持つEF50程度でしかありません。



ED171ED176ED182(ED1716)ED1724~ED1726



ED171

ED171。2008年(平成20年)9月、鉄道博物館にて撮影。
上の写真の車輛はED171。2008年(平成20年)9月、鉄道博物館にて撮影。

大宮工場の敷地の一部に建設された鉄道博物館に静態保存されているED171です。此処に収納されるに際して徹底的な整備が行われたようで、状態は極めて宜しいです。惜しむらくは場所が余り広くはないので撮影に際して引きが取れないのと、ノスタルジックな雰囲気を狙っているのか率直に言って建物内が薄暗いので苦労させられます。



ED176

ED176?。1967年(昭和42年)8月、国鉄中央東線八王子(はちおうじ:東京都八王子市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄ED176?。1967年(昭和42年)8月、国鉄中央東線八王子(はちおうじ:東京都八王子市)駅にて撮影。いわゆる標準型?とも言うべき車輛で、ED50からの改造車です。



ED182(ED1716)

Oct 1, 2016.

ED182(=ED1716)。2011年(平成23年)12月、リニア・鉄道館(愛知県名古屋市港区)にて撮影。
上の写真の車輛は、ED1716を改造したED182。2011年(平成23年)12月、リニア・鉄道館(愛知県名古屋市港区)にて撮影。ED17の軸重を減らすために改造したED18です。改造したのは台車周辺だけなので、車体は全くそのままです。更に、改造の手間を極力減らすために台車の芯皿位置とかは一切手付かずです。結果的にはB-Bと言う車軸配置だったED17が、A1A-A1Aと言う車軸配置を持つED18になったと言う次第です。ED18に改造されたのは4輛ですが、4輛とも一番標準的な外観の車輛から改造されています。



ED1724~ED1726

ED1726。1966年(昭和41年)10月、国鉄横須賀線久里浜(くりはま:神奈川県横須賀市)駅にて撮影。
上の写真の車輛はED1726。1966年(昭和41年)10月、国鉄横須賀線久里浜(くりはま:神奈川県横須賀市)駅にて撮影。ED51型から改造された、正面が左右非対称でデッキ付きの車輛です。

余談ですが、カツミ製のOゲージの車輛でEB50と言う機関車がありまして、EF58→EB58とか、EH10→EB10などと同様に実物のED機をEB機として模型化した機関車です。そうしてみるとこのカツミ製EB50は、ED50(≒ED17主流派)をB型機化したものなのか、、、と言うと実はED36をB型機化したものです。「ED36ってなんだ?」と言われそうですが、上の写真のED1726の小型兄弟機で、青梅鉄道1010型→鉄道省ED36→西武鉄道E41型と言う足跡を辿った機関車です。青梅鉄道に限らずこの種の機関車を買い付けた鉄道会社は多いです。

余談の続きですが、カツミ製の「EB50」は、何故か「50」と言う数字を使いながらもED50よりは、こちらのED51の方に遥かに類似しています。もっとも、上述の通り一番似ているのはED36なんですがね。なんでこんな風に混乱しているのかは不明です。