最後の5動軸機E10

Sept 1, 2016.

国鉄E10は勾配区間用に製造されたタンク機で、元来は奥羽本線の福島=米沢間の板谷峠周辺で使用することを前提に設計されたもので、老朽化したEタンク機の4110型を置き換える目的で1948年(昭和23年)に5輛が製造されたものです。ボイラはD52のものをやや短くしたような設計となっているようです。

GHQによる電化工事化禁止令?の解除が予想外に早かったために福島=米沢間の電化が決まると本来の職場を失い、巨大なEタンク機であるために他線区への転用が思うに任せないことから、肥薩線に転属し、北陸本線の倶利伽羅峠の補機になり、最終的には北陸本線の米原=田村間の交直接続区間用に転用されます。

「交直接続区間用」と言うのも変わった用途ですが、簡単に言ってしまえば北陸本線の米原=田村間は非電化のままにしておけば、直流電化の東海道本線と交流電化の北陸本線は電気的には全く無関係のままで済ませてくことが出来ますから画期的と言えなくもありません。随分と、変わった用途を割り当てられたものです。



国鉄E102。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄E102。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。

画面左上にCCD上の黒いゴミのようなものが写っていますが、実はこれはカラスです。都合の悪い時に飛んできてくれたものでして、、、。



国鉄E102。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。
上の写真の車輛は国鉄E102。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。



国鉄E102。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。
国鉄E102の従台車です。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁



QRコード
Gゲージ鉄道模型・風雅松本亭