弁慶と言う名の機関車、7100型

Porter made steam locomotive class 7100 of Japanese National Ry., 8 of them were manufactured between 1880 and 1889. They have 2-6-0 wheel arrangement.





7100型と言うよりは「弁慶」と呼んだ方が判りやすい有名な機関車です。「やえもん」と「トーマス」と「弁慶号」と言う名前であれば子供でも知っているんじゃないかと思います。恐らくは、日本で一番有名なH.K.ポーター製の機関車であり、なおかつ、日本国内で一番有名なアメリカ型車輛です。アメリカ型模型的?な知名度としては、つぼみ堂の「木曽森林のボールドウィン(Baldwin)のBタンク機」と双璧でしょう。

この車輛は北海道庁の前身?のような存在である北海道開拓使直営の幌内鉄道が開業の際に用意した車輛で1号機が「義経」、2号機が「弁慶」、途中を飛ばして6号機が「静」と名付けられており、現存するのはこの3輛で、勧進帳の三役揃い踏みと言った処でしょうか。私自身はアメリカ型指向なのでダイヤモンドスタック付きの機関車も、カウキャッチャー付きの機関車もどちらも好みの対象なんですが、生憎ながら両方が一緒に付いている機関車は少々苦手です。

その様なわけで「弁慶」「義経」「静」の3輛は個人的にはちょっとアレなんですが、今となっては同時期のアメリカ型機関車で日本国内に現存する車輛は極めて少数なので、これ以上の泣き言は言いません。真っ黒基調に塗られているので、何となく霊柩車みたいになっちゃっているのが惜しい処です。「地味派手」の見本みたいなモノでしょうか。

7100型はご覧の通り全くのアメリカ型ナローゲージの機関車ですが、それにしては3ftゲージ(914mmゲージ)ではないのは、開拓使長官であった黒田清隆が将来的なことを勘案して本州の鉄道と同じ1067mmゲージにすることを決めたからなんだそうで、立派な識見です。車軸配置は2-6-0のモーガル、機関車本体の運転整備状態での重量は16.4t、最大動輪軸重は5tを切っていますのでかなり可愛らしい車輛です。

「可愛らしい」と言うよりは、実態としては普通の機関車に比べればかなり小柄なので模型化する際にはモーターの収納場所にかなり苦労させられそうです。現在でしたら小型でも強力・優秀なモーターが市中に出回っていますから比較的簡単に解決する話ですが、鉄道模型用として使えるその種の小型モーターが存在しなかった時代には、16番ゲージでカツミ模型店が製品化する際に止む無く1/70程度の縮尺で模型化したと言うような都市伝説?が有る程度に小柄な車輛です。



ポーター製国鉄7100型・弁慶号。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。Porter made steam locomotive class 7100 of Japanese National Ry., 8 of them were manufactured between 1880 and 1889.
上の写真の車輛はポーター製国鉄7100型・弁慶号。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。

150型(1号機関車)や御料車も同様ですが、駅のホームを摸した観察台?のような場所に横付け展示されており、車内に立ち入ることは一切出来ません。ま、この種の希少な車輛を立ち入り自由・触り放題にすると言うのもおかしな話ですからこの展示方法はなかなか巧い方法だと思います。その代わりに、ホーム状の観察台に接した側の足回りが少々見にくくなってしまうのは止むを得ない処でしょうか。さりげなく観察台が緩いスロープになっているのも悪くないアイデアです。

この場所をスロープにすると殊更「バリアフリーだ」と言い立てる人がいますが、そう言うこと以前にこんな場所に段差を作らない辺りがなんとも優れた感覚です。JR東日本の通勤用電車には1輛としてまともな居住性の普通車(2等車)は存在しませんが、こう言う博物館のような設備を作ると立派なものが作れるのだから、この会社はなんとも不思議な企業です(この文章はJR東を褒めていますので念のため)。



ポーター製国鉄7100型・弁慶号。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。Porter made steam locomotive class 7100 of Japanese National Ry., 8 of them were manufactured between 1880 and 1889.
7100型の弁装置周辺です。こちら側からだと弁装置周辺が良く見えますが、普通のステヘンソン式(スティーブンスン式)の典型的なものです。シリンダ上の弁室が、如何にもお弁当箱をとってつけたような形状であるのも、アメリカ型らしさがあふれています。うっかりしていて弁室に近付いて撮影することを忘れてしまいましたが、多分ポーターの社名の刻印は残っているんじゃないかと思います。



ポーター製国鉄7100型・弁慶号のビルダーズプレート(製造銘板)。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。Porter made steam locomotive class 7100 of Japanese National Ry., 8 of them were manufactured between 1880 and 1889.
7100型の製造元であるポーターの製造銘板です。この会社も、ピッツバーグに工場が在ったんですね。ピッツバーグの車輛製造会社と言うと地名そのままの「ピッツバーグ」の方を思い出してしまいますが、必ずしもそうとばかりは言えないようです。製造時期の違いもあるかもしれませんが、ボールドウィンの丸いビルダーズプレートと比較すると、こちらの方がかなりおしゃれな感じを受けます。



開拓使号客車コトク5010

Jan 1, 2016.

実はこちらの方が弁慶号(=7100型)よりも希少価値が高い北海道炭礦鉄道の「開拓使号」の客車です。ハーラン・アンド・ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)と言うアメリカの車輛・船舶メーカーが製造した木造客車です。このメーカー、所在地はデラウェア(Delaware)州ウイルミントン(Wilmington)と言う場所ですが、鉄道模型的?には重要な場所です。

実は、この街にはジャクソン・アンド・シャープ(Jackson and Sharp)と言う車輛メーカーも存在しているからです。アメリカの鉄道模型メーカーのカタログを見ると一目瞭然ですが、いわゆる「古典客車」的な車輛は軒並みジャクソン・シャープ客車だからです。ジャクソン・アンド・シャープの「シャープ」の方はハーラン・アンド・ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)のスタッフ(職人?)であったジェイコブ・シャープさんと言う方のことです。

それにしても、この湿度の高い日本国内に130年ほど前に製造されたアメリカ型の木造客車が現存してくれていると言うのですから驚きです。この車輛、かなり屋根が深いですが、この時期のアメリカ型の客車としては特に不思議ではない屋根形状です。但し、同じ時期にも屋根がもっと浅い車輛も存在します。幕板部分にはアメリカ風にロードネームのレタリングが入っていますが「PORONAI(幌内)云々」と言うものです。幌内鉄道≒北海道炭礦鉄道と言うことです。



ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。
上の写真の車輛はハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。



ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。
上の写真の車輛はハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。



ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車の車内。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。
ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車の車内。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。



「開拓使号」の客車の車内です。ご覧の通り転換クロスシートで、車輛中央にはテーブルが用意されています。客室乗務員のような人の作業場所でしょうか。或いは天皇行幸の際にはこの車輛は御料車として使用された経緯もあるようなので、玉座を設置する場所なのかも知れないです。

普通の転換クロスシート部分の座席は背ずりも低くて長時間乗り続けたいような車輛ではありませんが、所詮は100km前後の路線の車輛ですし、製造時期を考えれば充分に豪華な内容のようです。

この「開拓使号」には「立ち入り禁止」の表示はありますが「撮影禁止」の表示は何処にもないのでありがたく車内を撮影してきました。かんがえても見れば、開拓使号の車内なんて一度も撮影したことがなかったですから、実に貴重な体験でした。但し、車内を撮影するのには少々足場が悪いので、可動式ディスプレイか、相当に視野角の広いディスプレイを持つカメラでなければ撮影は困難です。



ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車の車内。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。
ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車の車内、、、と言うか天井部分。2008年(平成20年)8月、JR東日本鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)にて撮影。



ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車コトク5010の図面。align=
ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)製の開拓使号客車コトク5010の図面、出典は鉄道院が発行した「客車略図」です。画像データ上のゴミ取り、シミ取り程度はしましたが、それ以上の加工は一切やってません。図面としてのクオリティは兎も角も、鉄道院の公式図面の一種であることは間違いありません。



ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)の書籍広告。1871年版カー・ビルダーズ・ディクショナリーより。align=
ハーラン&ホーリングスウォース(Harlan and Hollingsworth)の書籍広告。1871年版カー・ビルダーズ・ディクショナリーより。この挿絵の車輛はコトク5010(=開拓使号)よりも10年以上は製造時期が古い車輛だと思われます。



「コトク」と言う車輛

Sept 1, 2016.

この車輛はコトク5010と言う名前になっていますが、「コトク」と言うのは「超1等車」と言う意味のようです。強いて言えばこの時期は4等級制だったと言えなくもないですが、開拓使長官の行幸用の車輛なので別格扱いにしてあると考えた方が正しいのだと思います。普通?の車輛の方は1等車が「フコイ」、2等車が「フコロ」、3等車が「フコハ」となります。

最優等車なのでハーラン・アンド・ホーリングスウォースで製造させたと思いますが、北海道炭礦鉄道の客車では圧倒的に多いのが手宮工場製の車輛が一番多く、それに続くのが岩見沢工場製の車輛とハーラン・アンド・ホーリングスウォース製のようです。この辺りは鉄道院発行の「客車略図」に掲載されている車輛数を数えた結果です。

但し、ハーラン・アンド・ホーリングスウォース製客車は開業時に8車輛輸入しただけのようで、1輛はコトク5010型と言うか「開拓使号」の客車そのものですが、北海道炭礦鉄道時代の車番は「開拓使1号」と言うモノのようです。

フコロ5665型となった車輛は北海道炭礦鉄道時代に「に1型」だった車輛で全9輛ありますが、この内の1号から4号までがハーラン・アンド・ホーリングスウォース製、7号から9号が手宮工場製です。5号と6号については客車略図には記載がありません。岩見沢工場製なんでしょうか?。

残念ながら「客車略図」は上下巻共に全部目は通しましたが、発見できたのは以上の5輛のみでした。



当サイト内のポーター製機関車リンク集

Nov 1, 2015.