鉄道院5500型蒸気機関車

鉄道院5500型は重量級貨物であるいわゆるB6と好対照を成し、明治時代を代表する急行旅客列車用のテンダ機で、軸配置はアメリカン(4-4-0)です。1893年(明治26年)から1898年(明治31年)にかけてベイヤー・ピーコックで72輛製造されています。輸入モノの4-4-0軸配置の機関車としてはニールソン(ネルソン)で50輛製造された6200型を凌ぎ、最多輛数です。

因みに6200型との最大の相違点は動輪直径です。5500型がφ1372であるのに対し、6200型の方はφ1524ですからかなりの相違です。模型的な事を書くと5500型の方は水道橋に在ったニットー教材が製造しており、6200型の方は横浜の馬車道近くに在ったトビー模型が製造していました。どちらも40年だか50年だか前の古い話です。

東武鉄道も4-4-0機を多数持っていますが、流石に東武の蒸気機関車を全部集めても5500型の総数には及ばなかったと記憶しています。東武鉄道に関して言えば、5500型の同型機(B1型)を自社で発注して保有していただけでなく、総武鉄道に譲渡した車輛が、国有化後に払い下げられて来て東武に戻ってきちゃった、なんて車輛もあります。

Class 5500 steam locomotives were anufactured by Beyer Peacock. Between 1893 and 1898, 72 of them were manufactured for Japanese Goverment Railway.



ベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。Class 5500 steam locomotives were anufactured by Beyer Peacock. Between 1893 and 1898, 72 of them were manufactured for Japanese Goverment Railway.
上の写真の車輛はベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。

光線状態は悪くないのですが、右隣に止めてある機関車の陰になって少々撮影はしにくいです。冬場は日が低いので少々撮影しにくいかも。夏場は、、、鉄道公園自体が坂の上に立地しているので撮影に行きにくいです。いや~、駅から鉄道公園に行く坂道を昇って行くと、暑い時期は本当に辛いです。



ベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。Class 5500 steam locomotives were anufactured by Beyer Peacock. Between 1893 and 1898, 72 of them were manufactured for Japanese Goverment Railway.

上の写真の車輛はベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。



ベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。Class 5500 steam locomotives were anufactured by Beyer Peacock. Between 1893 and 1898, 72 of them were manufactured for Japanese Goverment Railway.

上の写真の車輛はベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。



ベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。Class 5500 steam locomotives were anufactured by Beyer Peacock. Between 1893 and 1898, 72 of them were manufactured for Japanese Goverment Railway.

上の写真の車輛はベイヤー・ピーコック製の国鉄5500型5540号。2005年(平成17年)11月、青梅鉄道公園(東京都青梅市)にて撮影。