伊豆箱根鉄道ワブ3

Sept 1, 2016.

伊豆箱根鉄道ワブ3型、、、「ワ"フ"」ではなくてワ"ブ"」と名乗る辺りがなんとも私鉄らしくて好ましい車輛です。冴えない写真しか無くて恐縮ですが、1914年(大正3年)に天野工場で製造された車輛です。恐らくは、乗務員室扉とその周辺だけしか車掌室スペースが無い、居住性最悪の私鉄にありがちな楽しい車掌車です。

伊豆箱根鉄道の車掌室付き貨車は、1898年(明治31年)製のワブ1とワブ11がありますが、どちらも客車からの改造です。この写真のワブ3も改造車じゃないかと言う気がしますが、1914年(大正3年)には湯ヶ島(ゆがしま)延長の路線免許を取得し、1918年(大正7年)には三島田町=大場間が電化し、こう言った流れの中で将来への淡い期待を抱きつつも車輛を整備したんじゃないかと思います。

伊豆箱根鉄道ワブ3。1966年(昭和41年)10月、伊豆箱根鉄道駿豆線三島(みしま:静岡県三島市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は伊豆箱根鉄道ワブ3。1966年(昭和41年)10月、伊豆箱根鉄道駿豆線三島(みしま:静岡県三島市)駅にて撮影。