On30用?車輪の直径

Nov 1, 2016.

On30は1/48の縮尺で作られるOゲージのナローであり、軌間は16.5mmですからHOゲージ・16番ゲージ・OOゲージの車輪が転用できることは明白です。それではどの程度の大きさの車輪を使えば良いのかと言うと、、、一瞬答えに詰まります。Oゲージナローのなかでも、特にアメリカ型のOn30をやっている場合にその傾向が顕著です。それは何故かと言うと、、、



  • 日本型の16番ゲージ用の車輪はφ10.5だとかφ9.5だとか模型そのものの寸法で表示している。
  • アメリカ型のHOゲージ用の車輪は36インチだとか33インチだとか言う実物の寸法で表示している。


と言うように、表示の仕方が違っているからです。

今、大柄な古めの、重厚な感じのするインターアーバン的な電車の模型を作るとします。新京阪のデイ100でも、阪和電鉄のモヨ100でも、南海のモハ2001でも、車種は何でも良いですがその種の電車に使う車輪はφ11.5の車輪とかがお似合いでしょう。

当然乍ら日本国内の模型屋さんで買い物するのであれば「φ11.5の車輪」と言って買いますが、アメリカの模型店で買うときは「36インチ車輪」と言って買い求めなければ店員氏が混乱します。この辺りはあくまでも習慣の違いに拠るだけのことですが、この種の事柄は例によってデータベース化(≒一覧表遊び)の格好の題材になろうと言うモノです。

以下、想像ですが、日光モデル製のφ11.5の車輪、アレがアメリカに輸出されているかどうかは知りませんが、アメリカの模型屋さんの店頭に並んでいるとすれば恐らくは「日光モデルの36インチ車輪」と表示されていることでしょう。しかし、売られている品物の実態は日本国内の模型屋さんで「日光モデルのφ11.5の車輪」と表示して販売されている品物と恐らくは全く同じ品物な筈です。



φ7.0車輪≒φ560車輪(22インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

かなり直径が小さい車輪です。元来はOn30のトロッコ的車輛用としてアルモデルが発売しているものです。

此処まで寸法が小さいとトロッコみたいな実例しかないんじゃないかと思って探したんですが、まともな軽便鉄道の車輛も見つけました。沼尻鉄道のワフ2・ワフ3と言う水色塗装の貨車ですが、これがφ368の車輪を履いていますので寸法的には丁度良いと言うことです。但しなにぶんにも全長が4mを切るような小型車です。やはりこの寸法ではトロッコと大差無い車輛しか使い道は無いようです。

この車輪をOn30で使うとφ336車輪となります。



φ9.5車輪≒φ762車輪(30インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

大昔の、16番ゲージのブリキ貨車が軒並み履いていた車輪です。なんとなく足元が貧弱になりがちな寸法ですが、この車輪が悪いわけでも無いし、スケール通りで行くとこの直径の車輪になって間違いではありません。24t機以下の大きさのハイスラー製の機関車の動輪は、このサイズの車輪を使っています。

この車輪をOn30で使うとφ456車輪となります。



φ10.5車輪≒φ838(33インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

普通の20m級とかの客車が履いているような寸法の車輪です。HOゲージの場合は33インチ車輪と言うことになりますが、後述の36インチ動輪と共に貨車用の車輪としては入手しやすい最右翼です。意外な処で、GEの44トン機(≒DD12)などは短足なので、このサイズの車輪が適合します。

この車輪をOn30で使うとφ504車輪となります。



φ11.5車輪≒φ914(36インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

かなり重量級のインターアーバン的な電車が履いているような車輪です。HOゲージの場合は36インチ車輪と言うことになりますが、前述の33インチ動輪と共に貨車用の車輪としては入手しやすい最右翼です。蒸気機関車ではH.K.ポーター製7100(弁慶号など)や、同じくH.K.ポーター製の4000(北海道炭礦鉄道出身の0-8-0タンク機)がこのサイズです。アルモデルのOナローの蒸気機関車で16番ゲージと共通の下周りを持つモノがありますが、あの機関車が履いている動輪がこの寸法です。

この車輪をOn30で使うとφ552車輪となります。ポーター製の上野鉄道(≒上信電鉄)の亀の子機関車がφ584動輪(≒23インチ動輪)を履いていますので、ほぼこの大きさに匹敵します。コッペル製の機関車を改造した頸城鉄道のディーゼル機関車(DB81とDC92)がφ560の動輪を履いていますから、やはりこの寸法です。10t未満の蒸気機関車としては、この程度の動輪が標準的な寸法なんでしょう。



φ12車輪≒φ1016(40インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

この寸法の車輪は日本ではそれ程多く見掛けないように思いますが、アメリカではとんでもなく一般的です。それと言うのも、ディーゼル機関車が軒並みこの寸法の車輪を履いているからです。45t機以上の大きさのハイスラー製の機関車の動輪は、このサイズの車輪を使っています。

この車輪をOn30で使うとφ576車輪となります。



φ13.5車輪≒φ1080(42.5インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

この辺りより寸法の大きい車輪は概ね機関車用の車輪です。「大きい」とは言っても直径が1mを僅かに越えた程ですからタカが知れてますけど、、、。小型車か、904・9150・9200などと言うコンソリデーションのような貨物機が履いている実例が多いです。地を這うような雰囲気で格好が良いですな。やや短足な古い目の電気機関車が履いている場合もあるでしょうから、そうなると単純なスポーク車輪となりますので、転用する場合には便利です。

この車輪をOn30で使うとφ648車輪となります。一説によると草軽電鉄のボギー客車は軒並みφ610の車輪を履いているのだそうで、その場合にはこの寸法の車輪がちょうど良いと思います。



φ15.5車輪≒φ1250(49インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

少々腰の高い、脚の速そうな電気機関車が履いている車輪です。ED14、ED16,ED17,ED19、EF13、EF52、EF58なんて辺りはこの車輪を履いています。蒸気機関車では9600がこのサイズの車輪を履いています。アメリカ型の機関車で有名な処ではボールドウィン製の8100辺りがφ1219なのでほぼこの寸法に匹敵します。

この車輪をOn30で使うとφ744車輪となります。ボールドウィン製の木曽森林鉄道の0-4-2リアータンク機がφ711動輪(≒28インチ動輪)を履いているので、この寸法にほぼ一致します。仙北鉄道の気動車はφ710とかφ720とかの車輪を履いていますから、軒並みこの寸法になります。ナローゲージとは言っても大型の気動車だと、こんな寸法になるんですね。



φ17.5車輪≒φ1400(55インチ車輪に相当)

Nov 1, 2016.

かなり大型の蒸気機関車が履いているような車輪です。C12、C56、D50、D51などがこの車輪を履いています。多少の誤差を許せばイギリス製の蒸気機関車がφ1372動輪を履いている車輛が多いようです。一例を挙げればシャープ・スチュアート製の5000、ベイヤー・ピーコック製の5300・5500、なんて辺りですね。

この車輪をOn30で使うとφ840車輪となります。