タキ7250について

Oct 13, 2006.

タキ7250型はアルコール用の35t積みのタキで、タキ13800などとと同様に、タキ35000(35t積みガソリン用)と同系統の外観で、葉巻型のタンク体を持つ車輛です。但し、こちらはタキ13800とは異なり、タンク体の材質は普通の鋼鉄製です(タキ13800はステンレスタンク体です)。

1967年(昭和42年)から1971年(昭和46年)に掛けて115輛製造されて、全部の車輛が内外輸送の所有です。一時的にニヤクコーポレーションに移籍?した車輛があったものの、これらも後に内外輸送に復籍します。実態としては内外輸送専用形式のようなモノです。同時期に大量製造されているタキ35000的なタンク体形状の貨車でアルコール専用車を作ったらタキ7250が出来上がったと言うことのようです。

この種の「同じ車体形状だけれども型番も用途も全く違う」と言う車輛は、、、堪えられませんなぁ。10輛編成の中に1輛位はこの種の変形車?を混ぜておくと、エンスーな充足感に浸ることが出来ます。逆に、タキ7250だけで揃えた10輛編成を運転会に持って来るような人は「この人、大丈夫なのか」と心配したくなってしまいます。愛人にするなら間違いなく前者のタイプですね。嫁にするならば、面倒そうだからどっちも遠慮しますけど。



タキ7258

Oct 13, 2006.

内外輸送タキ7250型タキ7258。1985年(昭和60年)8月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は内外輸送タキ7250型タキ7258。1985年(昭和60年)8月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。中条駅常備、自重は14.9t。

写真の枚数が少ないので文字を増やして誤魔化しますが、この写真を撮影した場所はタキ8300・タキ8350・タキ8850・タキ26100と言ったラテックス用タンク車が常駐していた場所で、アルコール用タンク車に関連するような施設は無いと思うのですが、、、。