美夜古(みやこ)さんのこと

Jan 1, 2019.

美夜古(みやこ)さんと言う、大阪府大阪市住之江区ご出身の歌手。フライヤーに拠れば「大人の恋と人生を歌うシンガー」なんだそうで、大人の愛では無くて「大人の"恋"」と言う辺りがなんだか切ない。お歌いになるお声もなんとなく切なくてファルセット気味のいい感じです。普通に会話するともう一寸低い目、余り自覚はなさっていないようだけれど穏やかで、色っぽい感じの良いお声です。褒める事ばかり書いていますが、褒める気になる人しか応援に行かないので、私のサイトに写真を載せてある女性歌手はほぼ確実に私の好みのタイプの女性ばかりなので、基本的には褒めまくりです。

お歌いになる曲はラブソングばかりで作詞はご自身がなさり、曲によっては作曲もご自分でなさっています。箱ライブではカバー曲もお歌いになるようですが、CDに収録されている曲は全てご自身が手掛けられたものばかりです。作詞は原則として全てご自分でなさって、美夜古さんがご自分で作曲なさっている曲も多いです。

大阪市住之江区出身のシンガー美夜古(みやこ)さん・大嶋美也子さん。2018年(平成30年)12月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。
美夜古(みやこ)さん。2018年(平成30年)12月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。



美夜古さんの「美しい・夜・古い」と書く源氏名は、字面は違うけれども美夜古さんのご本名と同じ発音です。ネットで「美夜古」で検索すると福岡県内の地域団体のサイトが異様にヒットしますが、福岡県京都郡に根差した団体が多いからです。これ、難読地名として有名な場所ですが「京都郡」と書いて「みやこ・ぐん」と読みます。尤も、「美夜古」自体は京都郡以前に行橋市の古い名前であるようです。美夜古さんご自身は、京都郡や行橋市との地縁は何もおありでは無いようです。

美夜古さん、実は船橋で千原あいりりん姫と一緒にライブをなさっていた榎ありささんとは15年来のお知り合いなんだそうで、榎ありささんが主宰なさっている「キラキライブ」と言う催事に出演なさっている「とみQ」さんと言う男性シンガーのサイトはアメブロ経由でフォローしており、実はこの「とみQ」さんと言う方が船橋の催事の元締めだった方です。でもってある時、「キラキライブ」の出演者リストの中に美夜古さんの名前を見つけ、どんな方かと思ってネットで探ってみたら可愛い方なので一目惚れした、とまぁ絵に描いたような話ですが何処で繋がりがあるか判らないもんです。ご本人は「ノスタルジック・スコープス」と言う男女ユニットで長く活動をなさっていて、2017年(平成29年)の6月だったかにソロになられたんだそうです。因みに応援に通っている歌手の中で、初めて出会った日を明確に記憶しているのは美夜古さん以外では千原あいりりん姫のみです。貴重な記憶なので、長く心に止めておこう。

年齢は「不肖」ではなくて「非公開」だそうです。序でに書くと「調べちゃダメ」と言う事らしいです(2019年1月の京急川崎駅前銀座街でのストリートライブの際のご本人談)。そうは言われても学術的探究心?は抑え難いので書いてしまいますが、この文章を書いている時点でソロになってから約2年、ユニットでの活動が15年、その前にちょっとした活動をなさっていたと仮定して、4年制大学をご卒業、全部足して行けば最大限でアラフォー程度のお歳だと思います。こんな事をフェイスブックに書くと概ね半日以内には確実にご本人に摘発されるのでサイトの方にしか書きませんが、それは兎も角も間違いなく可愛い、性格が良い、歌がうまい、小柄・丸顔・ロングヘアーと言う正しく歌手の理想像を具現化したような、私にとっては観音様みたいな人です。

ご自分の美貌に対する自信の裏返しだからなのかあっさりしたメイクをなさっていますが、この方、本気で気合を入れてメイクしてしまったら相当な美形ですし、少なくとも顔の造作と胸の大きさでしか勝負できないアイドルが叶うような相手ではありません。以下、ご本人に確認した訳では無いので私の勝手な想像ですが、美夜古さんの身長は概ね150cm代半ば、スタイルは比較的細身で均整がとれています。グラビアアイドルのような体形ではありませんが、この方の体形には破綻がありません。この辺りの文章は、かなり深い目のバイアスを掛けた状態で書いていますのでお笑いいただいて結構です。大体、褒める気になれる人のファンにしかなりません。

美夜古さんの前職は某上場企業で普通に会社員をなさっていて合間にライブ活動をなさっていて、総務課長まで昇り詰めた状態で広域異動の話が来た時に「音楽活動を続けたいから」と言う理由でお断りになって(=退社して)現在に至るようで、それ以外のことは公表なさっていないんだけど、、、銀座街のライブの際に拝見した限りでは、美夜古さんだけが如何にもモデル経験がありそうな歩き方をなさってました。所謂「ウォーキング」っていうのでしょうか?、少なくとも大抵の女性誌の読モには負けません。読モに負けるような人では応援する甲斐が無いですが。

大阪市住之江区出身のシンガー美夜古(みやこ)さん・大嶋美也子さん。2018年(平成30年)11月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。
美夜古(みやこ)さん。2018年(平成30年)11月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。



大阪市住之江区出身のシンガー美夜古(みやこ)さん・大嶋美也子さん。2018年(平成30年)12月、神奈川県川崎市高津区・ノクティ2Fストリートライブにて撮影。
美夜古(みやこ)さん。2018年(平成30年)12月、神奈川県川崎市高津区・ノクティ2Fストリートライブにて撮影。これは、ご本に自覚は無いようですが美夜古さんの決めポーズです。観客に対して体全体は横を向け、お顔はやや観客の方を向き、右手でやや突き出し気味にマイクを持ち、天空を見つめる、、、いや~、絵になります。これで流し目でもされちゃったら即死者続発です。



大阪市住之江区出身のシンガー美夜古(みやこ)さん・大嶋美也子さん。2018年(平成30年)12月、東京都町田市・町田ミュージックパークにて撮影。
美夜古(みやこ)さん。2018年(平成30年)12月、東京都町田市・町田ミュージックパークにて撮影。



大阪市住之江区出身のシンガー美夜古(みやこ)さん・大嶋美也子さん。2019年(平成31年)1月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。
美夜古(みやこ)さん。2019年(平成31年)1月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。



大阪市住之江区出身のシンガー美夜古(みやこ)さん・大嶋美也子さん。2018年(平成30年)12月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。
美夜古(みやこ)さん。2018年(平成30年)12月、神奈川県川崎市川崎区・銀座街バスカーライブにて撮影。物販の際にポーズを付けて戴きました。左側のノースリーブの写真が写っているのは「蛍の行方」のCD、右側の髪の毛をアップにした写真が写っているのは限定版の2019年(平成31年)版のカレンダーです。



美夜古さんのコンテンツへのQRコード