池袋monoでのブッキングライブ(2020年9月)

Feb 1, 2021.

宝染花美咲(ほうせんか・みさき)さんが、2020年(令和2年)9月に東池袋に在るライブハウス「mono」で行われたブッキングライブに出演なさった際の写真集です。

どのような経緯で出演なさることになったのかは存じ上げないけれど、感染症対策らしき薄汚いビニールシートが客席とステージとの間にぶら下げられていて、撮影環境としては最悪です。逆立ちしてもまともな写真は撮れそうにないので、お歌いになっている間の写真はたいして撮影していません。恥ずかしながら、予想通り?にロクでも無い写真を一枚。

宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。ビニールシートのお陰で、最悪な撮影結果です。腹立たしいので此処で撮影した写真は今までアップしていなかったのですが、ロクでも無い撮影結果になったのはライブハウス側の責任だし、感染症対策をしても撮影結果に悪影響を及ぼさないような事は出来る、いずれにしても出演者には責任の無い話です。だから、折角美咲さんの写真を撮影したのに埋もれさせたのでは勿体ないから目ぼしい写真だけをピックアップしたのが以下の写真です。お陰で、歌っている途中の写真は全滅していますから物販の際に撮影したオフショット「だけ」と言う結果になりました。



宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。ステージ上の撮影には見切りをつけたので、物販の際に撮影した可愛い美咲さんの写真を撮影したのが上の写真ですが、フェイスシールドが些か目障りです。「小官は感染症に罹患していないと確信しているのだが、卿も確信がおありならその透明覆面を外して戴きたい」「委細承知」と言うようなやり取りの後に、フェイスシールドを外して戴いているのが下の写真です。

宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。美咲さんはどちらかと言えば小振りのバストですが、胸の膨らみ方が綺麗に見えているこの写真は撮影した本人としては気に入っています。外して戴いたのはフェイスシールドだけでそれ以上のことは無いですが、なんとなく「服を脱いで」とお願いしたような微妙な感情に襲われます。



これ以下、物販の際にポーズを取って戴いて撮影した写真のみです。この方はSHOWROOMで配信なさっていた際にご本人が口走った内容に拠れば自称「クソバカ」らしいのですが、実はかなり聡明で頭の切れる人です。元々がダンサーだった経緯がある方ですが、恐らくはモデル的な仕事もなさった事があるのでしょう。取り敢えずは勝手にポージングして貰って、「他のポーズも出来る?」と依頼して、後はご本人任せです。私の使っているカメラの秒間撮影コマ数は体感的に理解してくれているようなので、、、まぁ、モデルさんとの意思疎通は重要です。

宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。美咲さんが手にしているCDはデビュー曲の「アマリリス」が収録されているCDです。切なくて、可愛らしくていい曲です。



宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。



宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)9月、東京都豊島区・monoにて撮影。



これより下は、写真が少なくて寂しいので少々水増し。美咲さんが別の源氏名でお歌いになっている際の写真です。

宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。



宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。



宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。



宝染花美咲(YUCKEY)さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。
宝染花美咲さん。2020年(令和2年)7月、東京都北区・マリールーにて撮影。



以下、マリールーのオーナー(鈴木まりえさん)と世間話していた時の話です。鈴木まりえさんは現役アイドルでもあるのですが、「アイドルのライブにいらっしゃる方は写真撮影も楽しみにしていらっしゃるので、ビニールシートを吊るすような事はしたくなかった」のだそうです。後半の、宝染花美咲さんが浴衣姿で歌っていらっしゃる写真はマリールーでの撮影ですが、実は客席とステージの間に新型コロナウィルス対策(≒感染症対策)として透明アクリル板を吊るしてあります。しかも、相当に念入りに手入れをしてあるので、アクリル板が撮影の障害になるようなことはありません。

強いて言うとアクリル板の境い目のような個所が画面の中に入ると縦に筋が出てしまうのですが、こればかりは仕方がありません。切れ目のないアクリル板は物理的には入手可能でしょうが、輸送はどうするのか、更にビルの地下に在るマリールーの店内にどうやって搬入するのか、と言う問題もありますから、観客側としても諦めざるを得ません。しかし、此処までライブハウス側が配慮している事を知れば、納得して諦められようと言うものです。序でに書くと神崎由衣さん沙の葉さん(元・てぃーさん)が出演なさっている新高円寺のカナデミアは、その種のシールドは設置しない代わりに出演者にフェイスシールドかマスクを着用させて、入場者数も通常の1/4程度に抑えて興行しています。

そうやって考えると、美的センスが全く感じられない何処かからの廃物発生品のようなビニールシートをぶら下げて興行するようなライブハウスには、金輪際行きたくないと言うのが正直な処です。



最初のページに戻る Return to index page 返 回主頁