4-4-0・アメリカン○○-●●

July 1, 2017.

アメリカン(4-4-0)はフィラデルフィア・ジャーマンタウン&ノリスタウン鉄道の技師長であったヘンリー・キャンベル(Henry R.Campbell)氏が1836年(天保7年)に考案した車軸配置でクランプトン(○○-●)の牽引力を向上させ、走行安定性を高めるのが目的で動輪数を増やしたものです。

クランプトンの場合、ボイラを動輪の外側に出すノリス方式と、ボイラを先輪と動輪の間に入れるボールドウィン方式のどちらが良いかは意見の別れる処でしたが、アメリカンでは先輪/第1動輪/第2動輪に各々均等に荷重を掛けやすいので好都合であったようです。

「アメリカン」と名乗るようになった所以は「アメリカを代表する機関車の車軸配置」だからなんだそうで、一説によるとアメリカ国内でのアメリカンの生産累計は25000輛を越えるそうです。但し、動輪が2軸しかありませんので、余り重い列車には向きません。

従輪がありませんから火室はそれほど広いわけでもないので、使用する石炭はそこそこに火力の高いでなければなりません。低質炭を使ったのでは必要な火力を確保することが厳しいですから、その場合は牽引する列車は軽くする、編成を短くする、と言った苦しい対応をせざるを得なくなります。「アメリカン」は比較的古い車輛が多いので、車体が小柄だしボイラーも細めなのでモーターの収納場所は工夫する必要があります。



車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車。東武鉄道39号機。
車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車の例。東武鉄道39号機です。東武鉄道はかなり遅い時期まで蒸気機関車を貨物輸送に使っており、軒並みアメリカン(4-4-0)だったことは有名な話です。1898年(明治31年)にシャープ・スチュアートが製造した機関車で、日本鉄道が発注した車輛が国有化されて鉄道省の5650型となり、後に全車が東武鉄道に払い下げられて来てB4型となったものです。



車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車(ボールドウィン製)。
車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車の例。ボールドウィンの比較的新しい目の機関車です。ビルダーズ・プレートの位置がちょっと後ろ過ぎるんじゃないかと言う気がします。それは兎も角、この機関車はカウキャッチャがありません。



車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車(ブルックス製)。
車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車の例。ブルックスが1898年(明治31年)に阪鶴鉄道向けに製造した機関車なので、、、よーするに福知山線の快速用?です。



車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車(ボールドウィン製)。
車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車の例。ボールドウィン製のヴォークレイン複式の4-4-0です。動輪の大きさに併せてランボードが異様に高くなっていて、恐らくは人間の高さよりも高い位置にあるようです。ドームは1個しか無いようです。



車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車(ブルックス製)。
車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車の例。これもまた、腰が高くて早そうな機関車ですが、1888年(明治21年)にブルックスがユニオン・パシフィック向けに製造した機関車です。



車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車(ポーター製)。
車軸配置が4-4-0(アメリカン)となる機関車の例。H.K.ポーターが南米向けに輸出した4-4-0です。こちらは一転して腰の低い機関車です。



実車例

NYCの999号機・V&Tの「Reno」
東武鉄道B1型(5号機・6号機)
東武鉄道B3型(30号機・34号機)
東武鉄道B4型(39号機・40号機)
鉄道省5500型・鉄道省6200型



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁