マッカーサー・ミカド・カルメット

June 1, 2019.

MacArthur(マッカーサー)、Micado(ミカド)、Calmet(カルメット)とは、車輪の配置が○-●●●●-○(2-8-2)となる蒸気機関車の愛称です。普通はミカドと呼ぶ事が多いですが、第2次世界大戦中にアメリカの国民感情を考慮し、当時の救国の英雄であるダグラス・マッカーサー将軍に因んでこの様な呼び方をした経緯があるようです。風説では、この軸配置の車輛は日本の日本鉄道が初めてボールドウィンに発注した「ミカド」と言う名称になったそうですが、実際には1890年(明治23年)にボールドウィンがメキシコ国内のナローゲージの鉄道向けに製造したのが最初で、日本鉄道向けも勿論ナローゲージではありますが「量産受注したのは日本向けが最初」と言う事のようです。この機関車は路線自体と一緒に買収され、後に9700型となります。

標準軌間向けとしては1893年(明治26年)にブルックスがシカゴ&カルメット・ターミナル鉄道から受注して製造した機関車が最初の様です。従ってごく初期には、この軸配置の機関車を「カルメット」と呼んだこともあるようです。私自身は「カルメット」と言う名称は歴史的な文献で見掛けた記憶がある程度です。「マッカーサー」の方は、、、今でもたまに見掛けます。恐らくは反日感情の強い人が書かれた文章じゃないかと思います。私自身もアメリカ型は好きですが、アメリカ人は祖母の仇、叔母の仇ですので大嫌いです。

それでは「絶対に”マッカーサー”と呼ばないか」と言うと微妙でして、敵乍らマッカーサー将軍が進駐して来なかったら他の連合国が何をしでかしたか知れたモノでは無いので、この辺りは微妙です。尤も、最も憎むべきは勝てる見込みのない戦争を始めてしまった某国の軍部である事に相違はありません。

8動軸機ですから主な用途は貨物用と言う事になりますが、勾配区間での急客用として使用されている例も多いです。この辺りの事情は日本国内でのD51などの使われ方を考えれば、想像が付くかと思います。

2-8-2と言う車軸配置はコンソリデーション(Consolidation)を大型化したような車軸配置とも言えますが、世界的に見て初めて量産発注したと言われる日本鉄道は沿線に常磐炭田が在り、此処で産出する石炭は低品位炭であるために火室を大きくせざるを得なかったために2-8-2ではなくて2-8-2にしたのではないかと思います。



車軸配置が2-8-2となる機関車(国鉄D51)。
車軸配置が2-8-2となる機関車の代表例、と言う事で鉄道省D51型です。対外的には兎も角も、日本国内では輛数が圧倒的に多いですから、「日本での代表例」としても宜しいかと思われます。



実車例

DRGWのK28・NPのW型~W5型
鉄道省D50型・鉄道省D51型・鉄道省D52型
南満州鉄道のミカィ・ドイツ連邦鉄道の41型



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁